ここ数年、ファッションの枠を飛び越えて衣食住を含めたライフスタイルを提案するアパレル企業が増えている。なかでも目覚ましいのが食の分野への参入。食とファッションを通して、体の内と外から美しさをサポートしたり、米作りを軸に食器からウェアまで多彩な商品を展開したり……。異業種を組み合わせることで生まれる、これまでにない食の楽しみ方に期待!

ベイクルーズ
BAYCREW’S

アパレルならではのセレクト力が光る、食分野へのアプローチ
世界各地から話題の飲食店を次々に誘致しているベイクルーズ。海外の魅力的なもの・ことをいち早く紹介し、広める姿勢にはアパレルで培ってきた感性とセレクト力が光る。特にカリフォルニア発の「ファームショップ」と東京発の「シティショップ」はそれぞれの土地の個性が食やライフスタイルを通して浮き彫りになっているようで興味深い。

★FARMSHOP 二子玉川
カリフォルニア発のハイカジュアルレストラン&グローサリー。本国同様”FARM TO TABLE”をコンセプトに、生産者の顔が見える安心で新鮮な食材にインスパイアされた料理を提供する。

画像1: ベイクルーズ BAYCREW’S
画像: グローサリーでは食品のほかカリフォルニアブランドとコラボしたベジバッグなども販売。バッグ 左から¥5300、¥3100/ FARMSHOP 二子玉川

グローサリーでは食品のほかカリフォルニアブランドとコラボしたベジバッグなども販売。バッグ 左から¥5300、¥3100/ FARMSHOP 二子玉川


住)東京都世田谷区玉川2-27-5 玉川髙島屋S・C マロニエコート1F
℡)03-5491-7737
営)8:30~23:00(イートインは22:00LO)
不定休
http://farmshop.jp/

★CITYSHOP
コンセプトショップ「ザ・コンテンポラリー・フィックス」とカフェ&デリ「パリヤ」のオーナー、吉井雄一氏をクリエイティブ・ディレクターに迎え、東京・南青山から新しいスタンダードを発信すべく昨年末にオープン。1Fはデリ&カフェ、2Fはファッションとカルチャーのショップ。

画像2: ベイクルーズ BAYCREW’S

住)東京都港区南青山5-4-41 
℡)03-5778-3912(1F)、03-5778-3953(2F)
営)11:30~21:30LO(1F)、11:30~20:30(2F)
不定休 
http://cityshop.tokyo/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.