心が不安定なときはヨガのポーズを活用して。一度深呼吸をしてからゆっくりとポーズをとり、しばらくキープすることが大事。

「ソワソワ」落ち着かない時は……

“パヴァナ・ムクタ・アーサナ”

仰向けになり、両膝を抱える。お腹のぬくもりを感じながら行うのがポイント。ゆっくりと呼吸をしながらポーズを保つことが大切。「ガス抜きのポーズ」とも呼ばれる。

「ドンヨリ」心が重い時は……

“ヴィーラ・バドラ・アーサナ”

前に出した脚はももが床と平行になるように膝を90度に曲げる。後ろの脚は膝を伸ばす。両腕をまっすぐに上に上げ胸を開くことを意識。腰が反らないように注意する。

画像: “ヴィーラ・バドラ・アーサナ”

「イライラ」が止まらない時は……

“アルダ・マッチェンドラ・アーサナ”

ねじるポーズは消化器系に刺激を与え、過剰になったピッタのバランスを整える。背骨を軸にして回転するように、息を吐きながら、腰、ウエスト、胸、肩とゆっくり順にねじっていく。

「自律神経の乱れ」を感じる時は……

“太陽と月の呼吸法”

楽な姿勢で座り、右手の人差し指と中指を額に当て、親指で右鼻を押さえる。左鼻から息を吐いて吸い、薬指を使って左鼻も押さえてしばらく息を止める。次に右鼻の指を離して息を吐いて吸い、しばらく息を止めて左鼻から吐く。5~10回程繰り返す。

<POINT>
1.ゆっくりと鼻から吸い、ゆっくりと鼻から吐く。
2.できるだけ静かな場所で行うのが理想的。
3.慣れないうちはめまいがすることがある。その場合はすぐに普通の呼吸に戻して。

 
がんばりたい一日のはじめに、なかなか寝付けない一日の終わりに、ぜひ試してみて。

 
Illustrator:moko

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.