新しい色のリップを試した時、肌が白く見えたり、くすんで見えたりすることが。それはつまり、メイク次第で肌を白く見せられるということ。そんな”視覚効果で白肌”のコツをお勉強。

教えてくれたのは・・・

画像: 教えてくれたのは・・・

ヘアメイク
Georgeさん
理論に基づくテクや色選びで白肌や小顔、なりたいイメージも自由自在に表現。効果だけじゃなくトレンド感も抜群なメイクは、おしゃれ顔になれると評判。

「肌を白く見せたいからといって、2トーン明るいファンデを使ったり白っぽお粉を大量にのせたりするのはダメ。それだとただの〝白く塗っている人〞に。カラー下地で色ムラを整えつつ、首との違和感がないよう素肌感をしっかり残すことが、〝肌が白い人〞印象を生むカギです」

驚きの透明感を生む カラー下地×カラー下地テク

明るいファンデを使わなくとも肌を白く見せてくれる影の主役、カラー下地。寒色×パールピンクの2色使いで、ふわ~っと光を放つような透明感が!

<1>ブルーベースを全体にのせる

黄ぐすみが気になる人は…→Blue Base
肌の黄みをカバーして、涼しげで透けるような肌感を演出。スノー メイクアップベース UV35 ブルー SPF35・PA+++ 30ml ¥6000/パルファン・クリスチャン・ディオール

画像1: <1>ブルーベースを全体にのせる

赤みが気になる人は……→Green
気になる赤みをカバーして、クールな印象の肌色へとチェンジ。毛穴の凹凸もなめらかに整える。アクティ・マイン 3 SPF15 30ml ¥5500/パルファム ジバンシイ

画像2: <1>ブルーベースを全体にのせる

黒ぐすみ が気になる人は……→Purple
どの肌色を問わず、どんよりぐすみを自然に消して美肌度を高める。ナチュラグラッセカラーコントロールピュレ VI SPF30・PA++20ml ¥2800/ネイチャーズウェイ

画像3: <1>ブルーベースを全体にのせる

How to make-up

少量を7点にのせ全体に薄くのばす

画像1: How to make-up

<2>Pink Baseを部分的にON

自然なツヤといきいきとした血色感をプラス。うるおい成分配合で、乾燥ぐすみにも対応。ベーシック コントロールカラー01 SPF20・PA++ 10g ¥2000/ RMK Division

画像: <2>Pink Baseを部分的にON

How to make-up

高い部分にのせて明るいツヤを仕込む

画像2: How to make-up

<3>CC Creamをコンシラー感覚で

くすみを抑え、素肌感を残したナチュラルな肌に仕上げるピーチベージュ。プレップ プライム CC カラー コレクティング SPF30アジャスト SPF30・PA+++ 30g ¥4600/ M・A・C

画像: <3>CC Creamをコンシラー感覚で

How to make-up

コンシーラー感覚で気になる部分にON

画像3: How to make-up
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.