食とファッションに精通するブランディングディレクターの福田春美さんが、料理人や料理好きなクリエイターに会いにいく――。ゲストは、〈BEARD〉のオーナーシェフ原川慎一郎さん。
原川さんの道具と店作りについて聞きました。

画像: 厨房に立つ原川さん。エプロンは〈スモールトレードカンパニー〉。「キッチンクロスをひょいと肩にかける姿も好き」とは春美さん。

厨房に立つ原川さん。エプロンは〈スモールトレードカンパニー〉。「キッチンクロスをひょいと肩にかける姿も好き」とは春美さん。

原川慎一郎さん
三軒茶屋〈uguisu〉を経て、2012年8月、目黒に〈BEARD〉をオープン。
「食」をキーワードに人生を楽しむことを志す。もう一人自分がいたらアメリカの〝テキサスバーベキュー〞の職人になりたいそう。

福田春美さん
ライフスタイルストア〈コルテラルゴ〉、ホームケアブランド〈a day〉、ギャラリーショップ〈EDIT LIFE〉などを手がける。毎回ゲストに〝どんな塩を使っているんですか?〞と聞くのを楽しみにしている。

料理人と客の距離が近い、家のような店作り

画像: 奥の扉にはPiPi Roomの文字が。フランスで働いていた時、シェフがレストルームを〝ピッピルーム〞と呼んでいたことから。

奥の扉にはPiPi Roomの文字が。フランスで働いていた時、シェフがレストルームを〝ピッピルーム〞と呼んでいたことから。

春美(以下・H):慎さんのお店は、日本家屋なのに外国のような雰囲気があって不思議。以前は何の建物だったんですか?

原川(以下・S):ここは元床屋さん。デザイン・設計事務所〈DAIKEI MILLS〉の中村圭佑さんにハコを活かして改装してもらい、天井を抜き、一部の壁をコンクリートと煉瓦にしました。

〈ロッジ〉の鋳鉄のフライパンを愛用

画像: 器は恵比寿の〈ハーベスト〉で。オリジナルで作ってもらった。

器は恵比寿の〈ハーベスト〉で。オリジナルで作ってもらった。

:道具はやっぱり男っぽい。フライパンは〈ロッジ〉なんですね。

:日本ではアウトドアのイメージがあるけど、アメリカではレストランでも家でも使っています。道具類はおもに合羽橋で手に入れることが多いですね。パイ皿や薬味を入れるステンレス容器とか……。このまな板は、もう廃番だと思うけど、実は〈イケア〉。

:え? 意外! 完全にプロ仕様なのかと思ってました。

:厳選はしていますが、身近にあるもので料理しています、くらいがいいかなと思って、家庭にありそうな道具が多いです。

:すごい。一気に親近感が湧きました(笑)。だから、ここに来ると家にいるような感覚になれるのかな。カウンター席から手を伸ばせば調味料が届く距離。なんだか一緒にご飯を食べている気分(笑)。

「いかにも〝店〞という感じにしたくなかったんです。」-原川さん-

画像: 店内のテーブル席。本を置いている壁の棚は改装前からあったもの。

店内のテーブル席。本を置いている壁の棚は改装前からあったもの。

:以前、カナダに住んでいた時、遊びに行った友人宅のキッチンとテーブルがこの距離感で、絶妙でいいなと思って。以来、ずっと心の中にあったんです。

:客としては、料理はもちろんだけど、カウンターから眺めるエプロン姿の慎さんと、このキッチンの風景が好きという人が多い。

:店をやる時に、いかにも〝店〞という感じにしたくなかったんです。家に遊びにきてもらうくらいがいいなと。だからこそ、家庭にあるような道具で調理して、もてなしたいと思うんです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.