ファッションに造詣の深い二人が着こなすのは、我々が人生を共に歩んできた相棒・デニム。
シンプルデニムブームも長いけれど、次なる気分は断然クセのあるアイコニックなもの。

少しデザイン性が高くても、セットアップで着ればこなれ感のある印象に

◇虹郎 
刺繡入りグリーンシャツ¥43000、シューズ¥55000/トーガ 原宿店(トーガ ビリリース)
中に着たストライプシャツ¥32000/アダム エ ロペ(メリンダグロス) 
デニムパンツ¥15000/スティーブン アラントーキョー(スティーブン アラン)

 
◇菜奈 濃淡のあるデニムを上手くレイヤードして。

デニムトップ¥40800/シスター(マルケス アルメイダ) 
中に着たデニムトップ¥46000、デニムパンツ¥56000
 /グレープヴァイン バイ ケイスリー(マルケス アルメイダ)
ネックレス¥26000/ケイスリー オフィス(G.V.G.V.)
シューズ¥34000/エドストローム オフィス(ジュリアン デイヴィッド)

Gジャンを少し大きめサイズにすれば、今っぽいバランスに

◇菜奈 GジャンにTシャツの定番の組み合わせも、Gジャンを少し大きめサイズにすれば、今っぽいバランスに。Gジャンのサイズが大きい分、ボトムはタイトなものをセレクトして。

デニムジャケット¥48000/リーバイス® ダブルエックス(リーバイス® ヴィンテージ クロージング)
Tシャツ¥8900/サードオフィス(ボーク)
Tシャツの中に着たハイネックトップ¥12000/ケイスリー オフィス(G.V.G.V.)
イヤリング¥25000/ビームス ウィメン 渋谷(アニーコステロブラウン)

 
◇虹郎 デニムプルオーバー¥35000/ファセッタズム

新鋭・真利子哲也が生み出した刺激的で挑発的な衝撃作
『ディストラクション・ベイビーズ』

今最も注目される若手・新鋭俳優陣、柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎が集結。
路上でいきなり見知らぬ人間に殴りかかり、ストリート・ファイトを繰り返す野獣のような若者たちの、日本映画史上もっとも過激な108分。二人が初共演した映画『ディストラクション・ベイビーズ』は5/21に公開予定。

 
こまつ・なな
1996年2月16日生まれ。2014年に公開された中島哲也監督の映画『渇き。』で本格的に女優デビュー。以降、女優として活躍する傍らモデルとしても活動。今年は新作映画が続々と公開予定。
5/21には『ディストラクション・ベイビーズ』、秋には『溺れるナイフ』で長編映画初主演作の公開が控えている。

むらかみ・にじろう
1997年3月17日生まれ。父親は村上淳、母親はUA。2014年に映画『2つ目の窓』に主演し俳優デビュー。以降、テレビドラマや舞台、広告など活躍の場を広げる。最近ではドコモiphoneのCMにも出演中。6月11日には『夏美のホタル』の公開が控えている。

コメントを読む・書く
Next

This article is a sponsored article by
''.