赤星とくまがい(あかぼしとくまがい)

完璧に計算し尽くされた料理と日本酒のペアリング

NYで飲食店をプロデュースしていた〝酒ソムリエ〞赤星さんと、シェフ熊谷さんによる日本酒バー。インポーターの経験もある赤星さんの元には、全国から220銘柄もの地酒が集まる。「日本酒には乳酸が入っているので、酸味の合う料理とペアリングしています」と赤星さん。料理とお酒の組み合わせの提案はもちろん、好みの日本酒探しなど、あらゆる要望に応えてくれる。

画像1: 赤星とくまがい(あかぼしとくまがい)

アジのカルパッチョ 水ナスとりんごのビネグレットソース¥1780。福井県・伊藤酒造の「越の鷹」グラス¥1450。

画像2: 赤星とくまがい(あかぼしとくまがい)

イチゴと水牛のモッツァレラのサラダ ミント風味¥1300。香川県・川鶴酒造の「讃岐くらうでぃ」グラス¥950。

画像3: 赤星とくまがい(あかぼしとくまがい)

メバルのポワレ グリーンピースのソースで¥2500。

画像4: 赤星とくまがい(あかぼしとくまがい)

まわすと香りが上がってくる、うすはりのグラスで提供。

画像5: 赤星とくまがい(あかぼしとくまがい)

地元で消費されるレアな地酒や、試験段階の純米大吟醸など、都内ではここだけでしか飲めないようなものも。

● 東京都港区麻布十番 3-3-9 COMS AZABUJYUBAN 7F ☎ 03-6459-4589 
営業時間:18:00~翌2:00 (休)日祝 
赤星とくまがい

Cantina Carica.ri(カンティーナ カーリカ.リ)

イタリアンと自然派ワインで帰宅前に再充電!

学芸大学の人気イタリアン「オステリアバルリ.カーリカ」の2号店。「帰る前に再充電してほしい」との思いを込め、イタリア語の「リ.カーリカ(=リチャージ)」を逆さにする言葉遊びで名付けられた。ワインの酒蔵のような店内には、イタリア主体の自然派ワインが揃う。食材は三浦半島に週2回足を運び、三浦野菜や佐島の魚介を仕入れるほか、産地直送の肉や野菜を使用している。

画像1: Cantina Carica.ri(カンティーナ カーリカ.リ)

羊のハンバーグ¥1800。弾力のある羊肉は食べごたえ十分。ふきのとうのサルサヴェルデソースはお好みで。それぞれの肉の個体によって風味が違うので、味付けを変えるというきめ細やかな調理。

画像2: Cantina Carica.ri(カンティーナ カーリカ.リ)

素材のおいしさを感じてもらえるようにと、シンプルな調理法で提供。ポロネギのテリーヌ バーニャソース¥800。

画像3: Cantina Carica.ri(カンティーナ カーリカ.リ)

調理が目の前で見られ、ライブ感あるコの字型のカウンター席。

画像4: Cantina Carica.ri(カンティーナ カーリカ.リ)

うどんのような太さの手打ちパスタはもちもち食感。ピチ アリオーネ¥600。

● 東京都目黒区中根 1-6-12 ☎ 03-5726-9629
営業時間:18:00~翌1:00(24:00 LO)、土日祝17:00~ (休)無休 
Cantina Carica.ri

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.