コーヒーブームが巻き起こっているバンコク。特にトンローやエカマイと呼ばれるエリアは “カフェ激戦区” と呼ばれ、多くの個性的なカフェが存在しています。今回紹介する「Blue Dye Cafe」もBTSトンロー駅からほど近い場所にあり、感度の高いタイ人や外国人が集う憩いの場所として人気。コーヒーだけでなく、タイブランドの服や古着、ジュエリーなども取り扱っており、ショッピングも楽しむことができます。

おいしいコーヒーのあとは
ショッピングを楽しんで

シンプルでスタイリッシュな外観

トンロー駅を降りたら、スクンビット・ソイ36に入ります。さらにひとつ目の路地を右に曲がると、見えてくるのが「Blue Dye Cafe」。周りに商業施設などがないので、静かで落ち着いた雰囲気です。

 
大きな黒板に描かれたメニューから注文

黒板アートもこちらのお店の魅力のひとつ。オーナーのセンスの良さが光ります。カウンターでは彼の友人が集って、話し込むこともしばしば。

 
セレクト古着や雑貨をラインナップ

入り口すぐ左手には、セレクトされた状態のいいヴィンテージ古着や、インディアンジュエリー、スニーカーなどを扱うコーナーが。古着のTシャツなど、なかなか見つけづらい小さめサイズも豊富に揃うので、女性の古着好きには朗報です。

 
美しいインディアンジュエリーたち

アメリカンヴィンテージ好きの人々の間では有名なこのカフェ。古着だけでなく、ターコイズやシルバーのインディアンジュエリーも揃っています。

 
店名にちなんだ藍染めのアパレルも

カウンターの奥には、藍で染められたタイブランドの洋服も売られています。ワンピースやTシャツ、タンクトップなど、どれも上品で温かみのあるデザインが魅力。値段もお手頃なので、タイプロダクトに興味のある方は必見です。

 
服好きとコーヒー好きにはたまらないお店

本格派のコーヒーだけでなく、センスのいいセレクトアイテムや古着の数々。平日は10時から19時まで、金曜~日曜は22時まで営業しているので、どの時間帯に行ってもいい時間が過ごせます。さらに食事もパスタやサンドイッチなど充実しているので、ディナーやランチにもおすすめです。

Blue Dye Cafe
40/1 Soi Sukhumvit 36, Soi Naphasap 1, Khlong Tan, Bangkok 10110
☎ 083-714-5333
営業時間:10:00〜19:00、金・土・日 10:00〜22:00
定休日:月

コメントを読む・書く
Next

This article is a sponsored article by
''.