ハワイ諸島の中でももっとも新しく、もっとも大きい島「ハワイ島」。ハワイ島を除くハワイ諸島の島を全部合わせた面積よりも2倍近い大きさがあることから、ビッグ・アイランドの名でも親しまれています。その規模だけでも驚異的ですが、さらに興味深いのがその気候。世界にある全気候帯13のうち、サハラ気候と北極気候の2つを除いた11の気候帯が、ハワイ島には存在しているんです。

今なお火山活動が続くハワイ島は、まさに地球の鼓動を感じるようなビッグスケールの旅を楽しめる場所。そんなハワイ島の観光スポットの中でも、絶対にハズせない「マウナケア」の魅力を紹介します!

ハワイ島の最高峰「マウナケア」とは?

画像: ハワイ島の最高峰「マウナケア」とは?

「マウナケア」とは、ハワイ語で “白い山” という意味。ハワイ島を形成する5つの火山のうちの1つであり、その山頂は雲の上にあるため気候が安定し、空気が澄んでいるので、世界有数の天体観測の地として有名です。

標高4205mと富士山をゆうに超える標高を誇るハワイ島最高峰の山で、11ヵ国13基の高性能天体望遠鏡が集まっています。日本の国立天文台ハワイ観測所が設置した「すばる望遠鏡」もありますよ。

現地ツアーで夕日と星空を見に行こう

画像1: 現地ツアーで夕日と星空を見に行こう

人生観を変えると言われるほど美しい夕日や星空を見に行くなら、ツアーに参加しましょう! 「マサシのネイチャースクール」で開催されている「マウナケア山頂 夕日と星空観測ツアー」は、ハワイ島の各ホテルまでガイドさんが車で迎えに来てくれるので、集合場所にたどり着けるかしら、という心配も不要です。もちろんツアー後もホテルまで送り届けてもらえます!

画像2: 現地ツアーで夕日と星空を見に行こう

↑この日のガイドさん、松崎さん。この表情からも分かるように、とっても陽気な方でした! マシンガントークが止まりません!!

標高約2800mで高度に身体を慣らす

画像1: 標高約2800mで高度に身体を慣らす

ホテルを出発し、まず向かうのはマウナケア中腹の標高約2800mにある「オニヅカ・ビジター・センター」。1986年にスペースシャトル「チャレンジャー号」の爆発事故で亡くなったオニヅカ大佐を記念して名づけられた施設です。ここで1時間30分程度の休憩し、夕食のお弁当とお味噌汁、温かい飲み物をいただきながら、ゆっくりと高度に身体を慣らします。

画像2: 標高約2800mで高度に身体を慣らす

山頂の気温は0度前後なので、持参したフリースや、レンタルのスキーパンツ&防寒ジャケット(ツアー料金に込み)を着込んで準備します。酸素が薄い山頂では、酸化熱を利用するカイロが発熱しにくいため、カイロの封を切るのはココで!

標高4205mの山頂から夕日を眺める

画像1: 標高4205mの山頂から夕日を眺める


すばる望遠鏡などを眺めたあと、標高4205mの山頂へ。“宇宙に一番近い場所” と言われるこの場所から見るサンセットは本当に幻想的。カメラの知識&センスもピカイチのガイドさんに最高に美しい写真も撮影してもらえます。

画像2: 標高4205mの山頂から夕日を眺める

あまりの美しさに飛び上がりたくなりますが、酸素が薄いのではしゃぎ過ぎには注意! 高山病にならないように、深呼吸を心がけましょう。もしもの時は、酸素ボンベも用意しているのでご安心を。

画像3: 標高4205mの山頂から夕日を眺める

沈む夕日も美しいですが、180度向きを変えて後方(東側)も見てみてください。日没後のわずかな時間だけ、アルペングロー現象という神秘的な現象を見られます。濃いブルーの部分は“地球の影”なんだそう。その上のピンクの部分は“ベルト・オブ・ビーナス”とも呼ばれます。

うっとりするほどの満天の星空を堪能する

画像1: うっとりするほどの満天の星空を堪能する

日没後に標高3900m付近へ移動し、星空の観測を行います。ここでは温かいコーヒーとクッキーのサービスが。冷えきった身体に染み渡ります♡ ガイドさんが設置した反射望遠鏡を使って、月面の観測もできます。クレーターまでくっきり! 

満月を見たいと思うかもしれませんが、月の光が明るすぎると星空観測がしにくくなってしまうそう……。1度目は月の観測メインで行って、2度目は新月に近いタイミングで星空観測をメインに行く、なんていうのもいいかもしれませんね。

画像2: うっとりするほどの満天の星空を堪能する

ガイドさんによるレーザーペンを使った星座や星の説明もとっても分かりやすいですよ。ぜひ自分の星座がどこにあるかも聞いてみてくださいね! またたく星々や天の川は本当にキレイで、時が経つのも忘れてしまうほど。ゴツゴツとした溶岩の上に座って、満天の星空に包まれるような静かな時間を楽しんで! 

画像3: うっとりするほどの満天の星空を堪能する

“宇宙に一番近い場所”と言われるマウナケアで過ごす時間は、自分を見つめ直す良い機会にも。あまりの美しさに、ハワイ島を訪れるたびにツアーに参加するという人もいるそうです。山頂から見る朝日もステキなので、夕日ツアーとはまた別の機会にも参加してみてください。

マサシのネイチャースクール
マウナケア山頂 夕日と星空観測ツアー
料金:170ドル(12歳以上)
※料金には、夕食(お弁当)、温かい飲み物、ボトルウォーター、防寒ジャケット&スキーパンツレンタル料、マウナケア入山料を含む
※集合時間および帰着時間は季節により異なる
http://www.minshuku.us/
 
協力:ハワイ州観光局
ハワイ州観光局総合ポータルサイトallhawaii
https://www.allhawaii.jp/

 
ハワイ島に行くなら、コチラもチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.