バンコクから北に582kmの場所に位置するチェンマイは古都として知られ、“タイの京都” とも呼ばれています。バンコクのような大きなビルなどはなく、街全体にゆったりとした独特の時間が流れます。カフェやベーカリー、ギャラリーなど洗練されたショップも多く、オシャレな女性たちにも人気のエリアなんです。

今回はそんなチェンマイの中でも青山のような雰囲気をもつ、ニマンヘミンに移転オープンしたばかりのベーカリーカフェを紹介します。


シンプルでスッキリと
まとめられた外観

画像: シンプルでスッキリと まとめられた外観

ニマンヘミンのソイ17を進んで行くと、ガラス張りの小さくてかわいらしいお店が見えてきます。外に置かれたライトブルーの看板が目印。


イートインスペースから見える
キッチンが印象的

画像: イートインスペースから見える キッチンが印象的

元々はこの場所から数メートル離れた場所で営業をしていましたが、10月にこちらに移ってきたばかりなのだそう。オーナーのDontreeさん(写真右)とNamfonさん(中央)はご夫婦です。


毎日家で焼き上げるという
天然酵母のパン

画像: 毎日家で焼き上げるという 天然酵母のパン

こちらのイートインスペースで提供されているパンは、テイクアウトも可能。トーストに使用される、チャコール(竹炭)、抹茶クランベリー、黒もち米のパンから、グルテンフリー、全粒粉100%のパンまで、さまざまな種類がそろいます。ただし、こちらは2日前までの事前予約が必要だそう。


見た目にも美しい
スモークサーモンのオープンサンド

画像: 見た目にも美しい スモークサーモンのオープンサンド

全粒粉のパンの上にたっぷりのアボカドと、フェタチーズ、スモークサーモンが乗ったオープンサンドウィッチは155バーツ(約¥500)。そのほか、魚や卵、肉類を一切使用しない、ベジタリアン専用のサンドウィッチのメニューも豊富。プラス20バーツでグルテンフリーのパンに変更もできますよ。


ベジタリアンもOK!
フムスとナスのグリル乗せトースト

画像: ベジタリアンもOK! フムスとナスのグリル乗せトースト

イスラエル料理ではおなじみのフムス(ひよこ豆のペースト)と焼きナスが全粒粉パンのトーストとベストマッチ。こちらはベジタリアン用のメニューなので、菜食主義の方はもちろん、ダイエット中の方にもおすすめ。

ほかには、サラダとゆで卵、チーズディップ、トーストが乗ったワンプレートメニューや、クラシックなトースト、ホットサンドにスープまでラインナップ。モーニングにもブランチにもランチとしても使い勝手のいい一軒です。さらにバリスタが入れるドリップコーヒーも楽しめるので、ニマンヘミンへ行く際にはぜひ立ち寄ってみてください。

Flour Flour
Nimmanhemin, Chiang Mai 50300
☎︎+66-084 170 7846
営業時間:8:30〜16:00、土10:00〜18:00
定休日:火

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.