2016年2月、ドリームライナーと呼ばれるボーイング787が就航したベトナム航空。成田からホーチミンへは7時間弱、ホーチミンから成田へは5時間30分ほどのフライトで、ベトナムへの旅がもっと身近に、もっと快適になりました。

旅のはじまりと終わり、飛行機に乗っている時間をゆったり優雅に過ごしたい、という大人女子には、ビジネスクラス利用がおすすめ。心地のよいサービスと贅沢なプライベート空間を紹介します。

上質なくつろぎの時間を過ごせる
プライベート空間

搭乗したらまずはウェルカムドリンクで乾杯! グラスで供されるシャンパンやワインを片手に、旅への思いが高まります。

180度まで細かく調整して倒すことができるシートは、フルフラットベッドにもなり、座り心地&寝心地抜群! 左右の幅も、脚を伸ばすスペースも十分にとられているので、ゆったりリラックスして過ごすべし。

サイドテーブルや、手荷物を収める棚、スマートフォンやPCの充電設備や15インチのモニターももちろん完備。ず〜っと乗っていたいくらいに快適です。

スペシャルな機内食&
充実のドリンクにも大満足

ベトナム航空のもう一つの自慢は機内食。フィンガーフードに続く食事メニューは、和食の他、寄港地の料理が取り入れられた4種類のメインからの選択で、2か月ごとに更新される。ワイン、ウイスキーやスピリッツ、ノンアルコールドリンクも様々にオンリスト。

ぜひ試したいのが、ベトナム人バーテーンダーVo Tan Siが、ビジネスクラス専用に作った特製カクテル「ハローベトナム」「レッドリバー」「サイゴンサンライト」。美しい色合いと鮮やかな味わいにうっとり、ほろ酔い気分でまいりましょう。

充実の機内サービスと、空の旅を楽しむ

アメニティの充実っぷりも嬉しいポイント。機内用スリッパはもちろん、肌触りのよい靴下、アイマスク、耳栓、歯ブラシセット、保湿クリーム&リップバームが入った専用ポーチが各座席に置かれています。

ビジネスクラス専用のお手洗いには、化粧品もスタンバイ。広い座席でふかふかのブランケットにくるまって、本や新聞を読むもよし、ノイズキャンセリングヘッドフォンで映画やドラマなどのエンターテイメントを楽しむもよし。まるで自宅のリビングにいるような、寛ぎの時間をお約束。

 
Photography:Mai Kise Text:Hikari Torisawa Composition:Tomoko Ogawa Special Thanks:Vietnam Airlines

コメントを読む・書く
Next

This article is a sponsored article by
''.