サンフランシスコから車で北へ45分の場所にあるワインの聖地・ソノマ カウンティのワイナリー巡りを終えたFRaUライターJは、同じくソノマで話題のフードコンプレックス「The Barlow」へとやってきました。

12.5エーカー(約50,000㎡)の敷地内に、4ブロック、80ものビルが集まって一つの街を形成しており、数多くのレストランや、ワイン・テイスティングルーム、ブリュワリー、雑貨屋、アパレルショップなどが軒を連ねています。アメリカのトレンドは将来的に日本で流行ることが多いので、ここに来れば、NEXTブームの種が見つかる可能性大。

こちらは有機栽培コーヒー豆にこだわるオーガニックコーヒーバー「TAYLOR・MAID・FARMS」。1993年にオーガニックファームの納屋の中で産声を上げてからというもの、カリフォルニアにおけるオーガニックコーヒー人気を支えてきました。

空間を生かした大きなロフト席があって洒落てる!

たくさんのオーガニックコーヒー豆が店内に売られていた。

オリジナルのマグカップやタンブラーも。

 
こちらは、鑑賞用グリーンや、ウェディングやプレゼント用のフラワーをソノマ・カウンティ内でデリバリーする「CALIFORNIA SISTER」。

軒先に並ぶ、観賞用サボテン。

お土産にぴったりなラベンダーやシトラスポピーなどのソープやアロマオイルなども販売。

 
そして、こんな店が今後日本にも増えそうだなと感じたのが、クラフトビールのバー「CROOKED GOAT BREWING」。

カジュアルな雰囲気の店内で、お客さんたちが飲んでいたクラフトビールは、ホワイトエールにハチミツの香りづけをした「BEE BREAD」や、ダークラガーにメキシカンチョコレートのアロマを加えた「EL LUCHADOR」など、個性的なフレーバーばかり。

メニューリストを見ると、15種類あるビールは全て、ブラッドオレンジや、バニラ、ハニー、ココア、シナモンやココナッツ、コーヒーなどとコラボレーションした変わり種ではありませんか。

ココナッツフレイバーのアイリッシュビアー「ISLAND TIME」。ビールは全て6〜8ドル。

店内でクラフトビールを作っている。

 
その夜は、ソノマにあるハイエンドなはホテル「Fairmont Sonoma Mission Inn & Spa」に宿泊しました。

緑が美しい中庭。ピンクの宿泊棟が点在。

 
さてさて、お待ちかねのディナーはホテル内のラグジュアリーなレストラン「Santé Restaurant」にてコース料理「3 COURSE TASTING MENU」をいただきました。

卵の中に絶品キャビアがたっぷりのアミューズブッフェは、ほっぺたが落ちるほど美味しかった。

ロブスターやアボカドを使ったサラダ。彩りも美しい。

メイン料理はお肉とお魚から選べます。お肉料理の「フィレミニョン」をチョイス。

もちろんデザートも。

それぞれの料理に合うワインのペアリングまでいただき、すっかり夢心地。ワインに始まり、ワインに終わったソノマ・カウンティの旅でした! 

 

カリフォルニア観光局
http://www.visitcalifornia.jp(日本語)
 
ソノマカウンティ観光局
http://www.sonomacounty.com/(英語)
http://www.sonomacounty.com/日本人(日本語)

 
次回は、サンフランシスコの旅レポです。
to be continued……

 
Text & Photo:Riyua Joe(mogShore)

コメントを読む・書く
Next

This article is a sponsored article by
''.