“ハワイ”と聞いて、すぐに思い浮かぶのが、ハワイ観光の拠点とも言える「オアフ島」。中でも、高層ホテル、大型ショッピングセンターが建ち並ぶワイキキエリアには、年間を通じて世界中から観光客が訪れます。

人気のグルメスポットやショッピングスポットを巡ったり、多彩な観光スポットまで足を延ばしたり……と、朝から晩までアクティブに遊び回るのもいいですが、ワイキキビーチの西端にある「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」で“滞在そのものを楽しむ”大人ならでは旅をしてみませんか?

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジとは

画像1: ヒルトン・ハワイアン・ビレッジとは

緑が生い茂る27000坪の敷地に広がる、ワイキキ唯一のビーチフロントリゾート。目の前に広がる「デューク・カハナモク・ビーチ」は、全米ビーチ博士によるベストビーチの第1位に選ばれているんです。おなじみのワイキキビーチの喧騒から離れた、静かで美しいビーチは必見ですよ。

画像2: ヒルトン・ハワイアン・ビレッジとは

また、広大な敷地内には、5つのプールやウォータースライドを始めとする多彩な施設も充実。日々開催される文化アクティビティや、ワイキキ唯一の屋外型ルアウショー「ワイキキ・スターライト・ルアウ」なども楽しめます!

同リゾートの宿泊客の70%はアメリカ本土からの旅行者なんだとか。日本人が多いワイキキの中でも、“アメリカに訪れた”という感覚を楽しみたいという人には最適なホテルと言えます。

 

プランに合わせて選べる5つのタワー

画像1: プランに合わせて選べる5つのタワー

リゾート内には、ザ・アリイ、レインボータワー、タパタワー、カリアタワー、ダイヤモンドヘッドタワーの5つのタワーがあり、総客室数は2860室にもおよびます。旅のスタイルや予算に合わせてタワーをセレクトできるのがうれしいですね。

画像2: プランに合わせて選べる5つのタワー

いずれの客室も快適さと機能性を重視した広々とした造りになっていて、Peter Thomas Rothのアメニティも好評です。

画像3: プランに合わせて選べる5つのタワー

今回宿泊したのは、1万6000個以上ものカラフルなタイルを使用した世界最大のモザイク壁画が印象的な「レインボータワー」の西側の客室。

画像4: プランに合わせて選べる5つのタワー

バルコニーに出てみると、眼下に同リゾートが有するラグーンが広がり、その向こうにはアラワイ・ヨットハーバーを望めました。レインボータワーの東側の客室からはダイヤモンドヘッドを望めるそうです。5つのタワーの中でも随一と言える眺望と、プールやラグーンに隣接する立地も便利なタワーでした!

画像5: プランに合わせて選べる5つのタワー

美しい夜景も必見です!

 

ラグーンでワイキキの海を満喫する

画像1: ラグーンでワイキキの海を満喫する

デューク・カハナモク・ビーチに隣接した「デューク・カハナモク・ラグーン」は、最先端の水循環システムで水質を管理しているそう。透明度の高い海水ラグーンでは、SUPやカヤック、アクアバイクなどをレンタルして遊ぶことができます。波もなく穏やかで、水深も深くて1.5m程度なので、子供連れのローカル・ファミリーにも人気のスポットです。

画像2: ラグーンでワイキキの海を満喫する

バラエティ豊かなマリン・アクティビティを満喫するも良し、ビーチ・チェアとパラソルをレンタルして、のんびりリラックスするも良し、サーフレッスンやスタンドアップパドルボート・ヨガのレッスンなどに参加するも良し。自分らしい時間を楽しんで!

画像3: ラグーンでワイキキの海を満喫する

シェイブアイスもぜひ!

 

ハワイのグルメ・トレンドを探る

ディナーにオススメ!
トロピックス・バー&グリル

画像1: ディナーにオススメ! トロピックス・バー&グリル

リゾート内には、20ものレストランやバー、ラウンジが! 中でも注目したいのが、アリイ・タワー1階のビーチフロントにある「トロピックス・バー&グリル」です。地元産のフレッシュな素材を生かした“ハワイ・リージョナル・ビーチ・キュイジーヌ”をいただけます。

画像2: ディナーにオススメ! トロピックス・バー&グリル

写真の左奥から時計回りに、サクサクしたココナッツの衣の食感が楽しい「ココナッツ シュリンプ」(15ドル)、パイナップルの酸味がアクセントになる「カルアポーク ナチョス」(14ドル)、彩りも美しい「ダイヤモンドヘッド コブサラダ」(25ドル)、人気のスーパーフードを取り入れた「ケール キヌア ブルーベリーサラダ」(17ドル)。どれもボリューム満点なので、みんなでシェアして味わいましょう。

画像3: ディナーにオススメ! トロピックス・バー&グリル

女子旅に欠かせないスイーツも充実していました! 見た目のインパクト大の「レインボーチーズケーキ」(12ドル)は、SNSでも話題になること間違いなし。

画像4: ディナーにオススメ! トロピックス・バー&グリル

トロリと溶けたアツアツのマシュマロをクラッカーに付けて味わう「スモア」(10ドル)も絶品でした♡

画像5: ディナーにオススメ! トロピックス・バー&グリル

おいしそうな料理がたくさんあるのですが、そんな中でも絶対にオーダーしたいのが、同ホテル発祥のカクテル「ブルー・ハワイ」(12ドル)。映画『ブルー・ハワイ』に出演したエルヴィス・プレスリーのために作られたカクテルなんだそう。ハワイの景色を眺め、ハワイの料理を味わいながら、ハワイ生まれのカクテルをいただく時間……。なんとも贅沢♡

画像6: ディナーにオススメ! トロピックス・バー&グリル

リゾート前のビーチでは、毎週金曜の19:45から花火が打ち上げられます。17:00頃から入店し、早めのディナーを堪能してから、ビーチで花火鑑賞をするのがオススメ!


朝食にオススメ!
ラニカイ・ジュース

画像1: 朝食にオススメ! ラニカイ・ジュース

タパタワーのプールサイドには、カイルア発の人気店「ラニカイ・ジュース」のスタンドが。オーダーを受けてから、生のフルーツをたっぷり使って作られるジュース(16oz・6.50ドル)やスムージー(16oz・6ドル)は、フルーツそのものを食べているようなフレッシュさと濃厚さが魅力。ドリンクはオリジナルのメイソンジャー(3.95ドル)に入れてもらっても◎。

画像2: 朝食にオススメ! ラニカイ・ジュース

ネクスト・アサイーボウルとして注目を集めている「ピタヤボウル」(10ドル)もオススメです。スーパーフルーツと呼ばれるピタヤ(ドラゴンフルーツ)と、バナナ、イチゴ、ココナッツウォーター、ココナッツクリームを合わせてシャーベット状にしたものに、グラノーラ、バナナ、ブルーベリー、イチゴ、マンゴーなどをトッピング。グラノーラのザクザクとした食感も楽しめ、食べごたえも満点。色鮮やかで写真映えもします!

画像3: 朝食にオススメ! ラニカイ・ジュース

好きなものを買い込んだら、客室のバルコニーでいただきましょう!


朝食にオススメ!
ABCストア

画像1: 朝食にオススメ! ABCストア

ドリンクやフード、お菓子にコスメ……と何でも揃う「ABCストア」も、朝食の調達場所としてオススメ。 サラダやドリンク、フルーツなどと一緒にビーチマットも手に入れれば、ラグーンの砂浜で優雅に朝食を楽しめます。

画像2: 朝食にオススメ! ABCストア

ラグーンでは、人に慣れすぎて物怖じしないカモなどにも遭遇するので、せっかくの朝食を横取りされないように注意してくださいね!

 

お土産もリゾート内ですべて揃う

画像1: お土産もリゾート内ですべて揃う

タイの寺院や、日本から船で運びこんだという農家の家を配したエリアに、40店舗以上の国際色豊かなショップやレストランが軒を連ねる「レインボー・バザール」をはじめ、高級ブランドからコンビニまで、リゾート内には90以上ものショップが揃っています。

ハワイ土産の定番でもあるパイナップル型のクッキーが人気の「ホノルル・クッキー・カンパニー」から、アロハシャツやリゾートウエア、ハワイアンジュエリーを取り扱うショップまで、本当に幅広い商品がこのエリアだけで揃うというのは驚きです。帰国当日の朝でも、買い忘れたお土産を追加可能という便利さもうれしいですね。

画像2: お土産もリゾート内ですべて揃う

ビーチもグルメもショッピングも……リゾート内だけでハワイを満喫し尽くせる「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」。いつものハワイ旅行とはひと味違う、滞在を楽しむハワイ旅行をしてみてはいかがですか?

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
2005 Kalia Road, Honolulu, Hawaii 96815
☎808-949-4321
1泊1室(2名利用)229ドル~
※レインボーオーシャンビュー:1泊1室(2名利用)299ドル~
※別途リゾートチャージ:1泊1室あたり35ドル
 
協力:ハワイ州観光局
ハワイ州観光局総合ポータルサイトallhawaii
https://www.allhawaii.jp/

 
オリジナルのプランを作ってみる!?

画像: オリジナルのプランを作ってみる!?

2017年1/25(水)、「ごほうび、ハワイ」ウェブサイトが誕生! サイト上では、透き通ったビーチや渓谷、山の大自然、ロマンチックな食事など、ハワイのステキなスポットや体験を自由に組み合わせ、誘いたい方の好みに合わせて、ハワイ旅行を提案するプレゼン資料「ごほうび、ハワイ案」の作成が可能。その組み合わせは、なんと514080通り!!!

記念日のお祝いをするごほうびに、還暦を迎えたごぼうびに、日頃の疲れからリフレッシュをするためのごぼうびに……、さまざまなタイプの“ごほうびハワイ旅行”のプランを作成し、大切な人を誘ってみましょう♪

 
ハワイに行くなら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.