オリンパスのミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN(オリンパス ペン)」シリーズ。小型軽量なボディーと優れた操作性に加え、半世紀前に一世を風靡したフィルムカメラ「PEN」のデザインコンセプトを継承した上質なデザインが多くの人を魅了し続けています。

そんなシリーズの最新モデル「OLYMPUS PEN E-PL8」は、SNSに役立つ機能も充実!
さぁ、OLYMPUS PEN E-PL8と一緒に、“いいね!”を増やす旅に出かけましょう。
 

高級感とスタイリッシュさを備えた
いつでも持ち歩きたくなるデザイン

画像1: 高級感とスタイリッシュさを備えた いつでも持ち歩きたくなるデザイン

優しくモダンなボディーラインを取り入れつつ、シンプルかつ丸みを帯びた手になじみやすいフォルムのOLYMPUS PEN E-PL8。“OLYMPUS PEN”のロゴの箔押しや、ボディー上部のアルマイト処理、金属素材を用いたダイヤルなど、細部まで上質さにこだわって作られています。

ボディーカラーはホワイト、ブラック、ブラウンの3色。自分のライフスタイルにもっとも合ったカラーを選べるのがうれしいですね。また、ボディー前面にあしらった革調素材の表面加工も、カラーごとに選び抜かれた異なるパターンで処理されているというこだわりよう。同梱のストラップや三角環カバーのカラーもボディーに合わせて作られていて、高い統一感を生み出しています。さらに、本革ボディージャケットや本革レンズジャケットなどの別売アクセサリーとの組み合わせも楽しめます。

画像2: 高級感とスタイリッシュさを備えた いつでも持ち歩きたくなるデザイン

ありがちなゴツさが目立つカメラとは一線を画し、ファッションアイテムとして持つこともできる洗練されたデザイン。女性から高評価を得ている理由が分かりますね!
 

タッチパネル式の下開きモニターで
セルフィーもバッチリ!

画像1: タッチパネル式の下開きモニターで セルフィーもバッチリ!

大型・高精細のタッチパネルと、180度回転する下開きモニターを採用したことで、スマートフォンのようなタッチ操作でセルフィーを気軽に楽しめます。

まず、モニターを下開き状態にすると“セルフィーモード”が起動し、モニター画面がミラー表示に切り替わります。モニターが下開きのため、タッチした指の写りこみを気にせずに撮影が行えるのもポイントです。セルフィー時のホールド性も追求したというボディー前面のグリップも、指がかりしやすく、安定した姿勢を保てて◎。

画像: ▲背景のボケ感の美しさも一眼カメラならでは。「1605万画素Live MOSセンサー」は、暗所のディテールや色再現性に優れ、夜景や暗い室内などのシーンを美しく描き出してくれる。

▲背景のボケ感の美しさも一眼カメラならでは。「1605万画素Live MOSセンサー」は、暗所のディテールや色再現性に優れ、夜景や暗い室内などのシーンを美しく描き出してくれる。

シャッターボタンは、タッチした1秒後に撮影するよう設定されているので、その間に視線を指先からレンズに戻し、しっかりとカメラ目線で撮影が行えます。「eポートレート」を使えば、肌をなめらかに表現することもできますよ。

画像2: タッチパネル式の下開きモニターで セルフィーもバッチリ!

また、可動式のモニターは、セルフィーだけでなく、ハイアングル&ローアングルの撮影にも便利。無理な姿勢を取らなくて済むので、撮影の幅も広がりそうです。

画像: ▲ハワイのシェイブアイス屋さんに並んでいたカラフルなシロップ。モニターの角度を調整すれば、歪みなどがないか確認しながら撮影できる。

▲ハワイのシェイブアイス屋さんに並んでいたカラフルなシロップ。モニターの角度を調整すれば、歪みなどがないか確認しながら撮影できる。

画像: ▲波紋のように広がっている溶岩の跡が地球の力を感じさせてくれる「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」。ローアングルで撮影すれば、ダイナミックな写真に。

▲波紋のように広がっている溶岩の跡が地球の力を感じさせてくれる「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」。ローアングルで撮影すれば、ダイナミックな写真に。

さらに、モニターにタッチすれば、直にシャッターが切れるのもポイント! かわいいドリンクやスイーツを手に持っての撮影も簡単です。

画像: ▲ピンクが鮮やかなピタヤボウルと、背景の海の青さとのコントラストが美しい! 画像処理エンジンは、オリンパスのミラーレス一眼カメラの「OM-D E-M1」と同じ「TruePic VII」を採用。高い光学性能を誇る「M.ZUIKO DIGITAL」レンズの描写力を最大限に引き出し、高い解像度、鮮やかな色の再現を可能にする。

▲ピンクが鮮やかなピタヤボウルと、背景の海の青さとのコントラストが美しい! 
画像処理エンジンは、オリンパスのミラーレス一眼カメラの「OM-D E-M1」と同じ「TruePic VII」を採用。高い光学性能を誇る「M.ZUIKO DIGITAL」レンズの描写力を最大限に引き出し、高い解像度、鮮やかな色の再現を可能にする。

 

スマートフォンとの連携!
リモート撮影でベストショットを狙う

画像: ▲スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share (OI.Share)」を使って、カメラとスマホを連携して撮影。スマートフォンの画面で写りを確認できるため、ベストなアングルで撮影ができる。

▲スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share (OI.Share)」を使って、カメラとスマホを連携して撮影。スマートフォンの画面で写りを確認できるため、ベストなアングルで撮影ができる。

今や定番になったセルフィー。しかし、セルフィーだと背景が広く入らないという悩みもありますよね。OLYMPUS PEN E-PL8なら、別売のフィッシュアイボディーキャップレンズ「BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)」を装着すれば、背景を大きく入れたセルフィーも楽しめます。さらに全身のセルフィー写真を撮る時にオススメなのが、専用スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share (OI.Share)」なんです。

内蔵Wi-Fiと専用スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share (OI.Share)」を使うことでカメラとスマートフォンをワイヤレスでつなぐことができます。面倒な初期設定も、スマートフォンでカメラのモニターに表示されたQRコードを読み取り、接続設定を行うという簡単なステップのみでOK。

スマートフォンをリモコン代わりにしたリモート撮影なら、1人旅でも絶景を背景にしたステキな写真が撮れるだけでなく、集合写真を撮る時にセルフタイマーのボタンを押してからダッシュする必要もありません!

画像: ▲マウナケアにて。夕日に染まる空の微妙な色の変化も逃さない。

▲マウナケアにて。夕日に染まる空の微妙な色の変化も逃さない。

画像: ▲ワイキキビーチでは、荷物を台にして、カメラを固定。“撮ってもらえますか?”とお願いしにくい海外旅行中もリモート撮影は役立つ。

▲ワイキキビーチでは、荷物を台にして、カメラを固定。“撮ってもらえますか?”とお願いしにくい海外旅行中もリモート撮影は役立つ。

さらに、OLYMPUS Image Shareを使えば、撮ったばかりの高画質な写真をその場でスマートフォンに転送できます。美しいものも、おいしいものも、楽しいものも……一眼画質の写真をSNSで簡単にシェア可能! これは確実に“いいね!”が増える予感♡

カメラのモニターで1枚ずつシェア予約ができ、アプリとの接続時に自動的に転送することができるシステムも便利でした!

画像: スマートフォンとの連携! リモート撮影でベストショットを狙う

 
ただ写真を撮るための道具という枠を超えた「OLYMPUS PEN E-PL8」。毎日身に着けて、自分らしさを表現しませんか?

オリンパスカスタマーサポートセンター
☎0570-073-000(ナビダイヤル)
http://olympus-imaging.jp/

提供:オリンパス

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.