「今年こそ新しい習慣を身につけて理想の自分に近づこう」と気合を入れるも、毎回あっさり挫折してしまう方も多いのでは?

それって意志力や根性が足りないから? いいえ、単純に「続ける技術」を知らないだけなのです。いつ、どこで誰がやっても「続けられる」 行動科学マネジメントの技術を知って、今年こそ理想の私になろう!
 

最初はいつも気合十分なんですが……
どうしても失速しちゃう。どうすれば?

“自分が気持ち良くなる”
行動パターンをルーティン化

画像: “自分が気持ち良くなる” 行動パターンをルーティン化

「 最初に『やるぞ!』と気合を入れない方がベター。疲れちゃいますから。それよりも、自分は何をすれば心が落ち着いて目的の行動をとりやすくなるのかを分析して、定石の行動パターンを決めてしまいましょう。

仕事に集中しやすくなるから『必ず出勤前に会社の近くのカフェでブラックコーヒーを飲む』とか、どんなに疲れていても体が目覚めるから『起き抜けに5分間ヨガをする』とか。要は自分を常にいいコンディションに持ち込める『マイルール』を持つんです。

忙しい人が美容を習慣にしたいなら、『お風呂に入る→出る→顔パックを貼ってそのまま家事』といった感じで、歯磨きのようにルーティン化するのがオススメ。パックを貼るたった『3秒』を毎日続ければ、それは大きな違いになります。」
 

お話を伺ったのは……

画像: お話を伺ったのは……

行動科学マネジメント公認チーフインストラクター/行動習慣コンサルタント®/行動定着コーチ
冨山真由さん
 
『「続ける」技術』(フォレスト出版)の著者・石田淳さんが率いる一般社団法人行動科学マネジメント研究所に所属。日本では数少ない女性の行動科学マネジメントインストラクターとして企業研修や行動習慣化トレーニングを行う。2016年7月に著書「1%の素敵な人だけが実践している『なりたい自分』になる方法」(あさ出版)を上梓。

 

◇おすすめ Morning Routine!
“NEXTヨガ”と話題の「チベット体操」

ヨガより強く深い呼吸で
痩せやすい体質を作る!

画像: ヨガより強く深い呼吸で 痩せやすい体質を作る!

カラダが本来持っている力を最大限に引き出すためにチベットで生みだされたエクササイズ。深層内筋を刺激し、痩せやすい体質になるのはもちろん、シワや白髪が減るなどの若返り効果も。
今回は、〝実践価値あり〞の気になる2つのポーズをピックアップ。ぜひ毎朝の生活に取り入れてみて。

 
教えてくれたのは……

画像: 教えてくれたのは……

インストラクター
加藤絹子さん
 
チベタンエクササイズ・チベット体操の第一人者として精力的に活動。国内外で「効かせる」をモットーとした上質なレッスンに定評がある。(http://kinuko.blog.jp


:POSE1
「子宮を温めるポーズ」

画像: :POSE1 「子宮を温めるポーズ」

あお向けに寝て足を揃え、手の指も揃えて手のひらを床につける。息を吸いながら脚と頭を同時にゆっくりと上げ90度をキープ。息を吐きながらゆっくり頭と足を下ろす。お腹まわりを温めるので妊活にも効果的。
 

 
:POSE2
「女性的生命力がみなぎるポーズ」

画像: :POSE2 「女性的生命力がみなぎるポーズ」

背筋を伸ばして座り、脚は肩幅くらいに開く。息を吐きながら顎を胸につけるように倒し、息を吸いながら頭を後ろへ反らして腰を持ち上げ、写真のテーブルのような姿勢に。肛門をギュッと締めて呼吸を3秒止める。背中の引き締めとヒップアップも期待できる。
 
 

◇おすすめ Night Routine!
バスタイムには「痩せトレ」を

画像: ◇おすすめ Night Routine! バスタイムには「痩せトレ」を

美容セレブたちのお風呂は、まるでエステ! 発汗、代謝アップ、デトックスetc.……。ダイエット効果を高めるオリジナリティ溢れる秘策が。少しの努力で大きな効果を生む〝痩せコツ〞を紹介!
 

<教えてくれたのは……> 
美容ライター
●橋本日登美さん
 
ダイエットコーチ
●EICOさん
1年で–20㎏減の経験を活かし、700万人以上もの人の減量を成功させる。特に下半身痩せが得意。
 
経絡整体師
●朝井麗華さん
独自の施術で美乳へ導く「おっぱい番長」。NACK5にて毎週土曜にラジオコーナーレギュラー。
 
ナイトケアアドバイザー
●小林麻利子さん
生活習慣を改善し、自律神経のバランスを整えてキレイを目指すサロン、生活習慣改善サロン「Flura」主宰。
 
ダイエットエキスパート
●和田清香さん
300種以上のダイエットを試し、–15㎏に成功。その経験を反映させたボディケア法を指導。

 
01. バタ足をしながら
  全身浴⇔半身浴を計50分

画像: 01. バタ足をしながら 全身浴⇔半身浴を計50分

2種の入浴法に運動も組み合せるSP入浴術。「以前、医師に取材した際に水圧でエクササイズ効果が高まると聞き、入浴中のバタ脚を実践中。脚の付け根から動かすとむくみもスッキリします」(橋本日登美さん)


02. 毎晩39-41℃のお湯に20分間つかる

入浴するだけで血行が促進され巡りが良くなり、美容効果絶大! 「肩までつかる全身浴でじっくり温まるのが毎日の習慣です」(EICOさん)


03. 頭皮ごと湯船につかり全身汗ダクに!

顔以外は全てお湯につかるという、ユニークな入浴法ながらも、そのダイエット効果はかなりのもの。「肩までつかる全身浴よりも、カラダ中が温まり、たっぷり汗がかけます。全身の毒素排出に!」(朝井麗華さん)

画像: 03. 頭皮ごと湯船につかり全身汗ダクに!


04. マカダミアナッツオイル入浴で
  デトックス効果を高める

「全身にオイルを塗ったままバスタブに入り、リンパマッサージを。油分は水に溶けないのでスムーズなマッサージが可能です。マカダミアナッツオイルには肌の若返りが期待できる成分が豊富」(小林麻利子さん)


05. レギンス入浴で脚を引き締める

「着圧レギンスをはいたまま、入浴し、マッサージやストレッチ、エクササイズをしています。確実に細くなるので、特に下半身がなかなか痩せない人はぜひ!」(和田清香さん)

 
 
ポイントは、“自分が気持ち良くなる” 行動パターンを見つけてルーティン化させること! FRaUおすすめのチベット体操や痩せトレも、一日の始まりと終わりにぜひやってみて。きっと素敵な毎日が過ごせるはず♪

 
(続ける技術部分)Composition:Riyua Joe(mogShore)
(チベット体操部分)Photo:Rana Shimada Text:Hiroe Miyashita Composition:Yoko Tadano
(お風呂美容部分)Photo:Makoto Muto(still) Illustration:Maori Sakai Composition:Masami Oguma

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.