コクのある黒酢で味付け! 麺料理や、花巻(蒸しパン)と温野菜を組み合わせれば、最高の献立に。
 

「黒酢豚」レシピ

画像: 「黒酢豚」レシピ

野菜を入れず、豚肉のおいしさを直球で味わえる北京風の酢豚。甘みのある豚肉は、酢の酸味とよく合う。豚肉がなければ鶏肉で同様に作ってもおいしい。


◆材料(作りやすい分量)

豚肩ロースかたまり肉 …… 400ℊ

(A)
・こしょう(粉末)… 少々
・酒…………………… 大さじ1
・粗塩………………… 小さじ1/3

片栗粉 …… 大さじ1

(B)
・黒酢 ………… 大さじ3
・はちみつ …… 大さじ1と1/2
・しょうゆ …… 大さじ1
・酒 …………… 大さじ1

揚げ油 …… 適量
 

作り方

1. 豚肉をひと口大に切り、(A)で下味をつけ30分ほどおく。

2.に片栗粉をまぶし、180度の油に一度に入れ、カリッと火が通るまで3~4分揚げて油をきる。

画像1: 作り方

 
3. フライパンに混ぜた(B)を入れて強火にかける。半量になり、とろみがついたら、を加え、全体をからめる。

画像2: 作り方


<POINT>

豚肉の体積で油面が上がるので、油の量は豚肉がひたひたになるぎりぎりの量でOK。中華鍋のように底に丸みのある鍋だと、より少ない量で済む。豚肉を一度に入れて揚げると、温度も一定に保ちやすい。

※フラウ2017年3月号より一部抜粋

 
◆全文読みたい方は3月号をチェック!

画像1: サクッとジューシー! ウー・ウェンさんの「黒酢豚」レシピ 画像2: サクッとジューシー! ウー・ウェンさんの「黒酢豚」レシピ 画像3: サクッとジューシー! ウー・ウェンさんの「黒酢豚」レシピ

 

教えてくれたのは……

画像: 教えてくれたのは……

ウー・ウェンさん
中国、北京生まれ。料理上手な母から受け継いだ北京家庭料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。著書に「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」(高橋書店)、「からだを整える お手当料理」(天然生活ブックス)など多数。http://www.cookingsalon.jp


Photo:Keiichirou Muraguchi Stylist:Misa Nishizaki Composition:Shiori Fujii

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.