低金利の今だからこそ挑戦したい「投資」の具体的な種類について、ファイナンシャルプランナーの武藤貴子さんに伺いました。“投資にはリスクも付きものだ”ということを忘れないようにしつつ、楽しみながらはじめての投資に挑戦してみませんか? 今回は「投資信託」を紹介します!
 

「投資信託」のメリット&デメリット

画像: 「投資信託」のメリット&デメリット

投資信託とは、個々の投資家からお金を集めてひとまとめにし、それを投資の専門家が運用してくれる金融商品のこと。株より元手が少なく、一般的には1万円程度から購入できますし、積み立てを利用すればさらに少額から始めることも可能です。株式投資の場合、銘柄を選ぶ楽しさがある一方で、どれを購入したらいいのか自分で判断するのは難しいと感じる人もいるかもしれません。そんな時には、プロに目利きを任せて運用してもらえる投資信託がオススメです。忙しくて投資にそれほど時間を割けない、少額から気軽に資産形成を始めてみたいという場合には、うってつけの商品だと思います。

投資信託は、お金をいろいろな商品に分散投資できるのも、メリットですね。国内の商品だけではなく、海外も投資先にできますし、株式や債券のほか、不動産など、さまざまな商品のパッケージが購入できます。商品や投資先を分散できるので、どこか1つの資産が減ってしまっても、ほかの資産で補完できるため、さほど大きなダメージにはならないのも安心できる点です。

デメリットとしては、プロにお任せしたからといって、必ずしも利益が出るとは限らないということ。また、運用を任せることで手数料が高いという点もあります。
 

どんな人にむいている?
知っておきたい「投資の基本知識」

 
ほかの「投資プラン」もチェック!

 

教えてくれたのは……

画像: 教えてくれたのは……

ファイナンシャルプランナー(AFP)・武藤貴子さん
会社員時代にお金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャルプランナーとしてセミナー、マネーコラムの執筆等を行う。退職後は、ネットでできる起業や副業のコンサルを行いながら、執筆や個人マネー相談など幅広く活動中。著書に『いちばん稼ぎやすい簡単ブログ副業』。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.