低金利の今だからこそ挑戦したい「投資」の具体的な種類について、ファイナンシャルプランナーの武藤貴子さんに伺いました。“投資にはリスクも付きものだ”ということを忘れないようにしつつ、楽しみながらはじめての投資に挑戦してみませんか? 今回は「外貨預金」を紹介します!
 

「外貨預金」のメリット&デメリット

画像: 「外貨預金」のメリット&デメリット

普通預金にお金を預けるだけではもったいないけれど、投資をするのは気が引けるという方に多い方法が、外貨預金です。外貨預金は、文字通りドルやユーロなど外国の通貨で預金すること。今は銀行に預けるだけでは利息はほとんどないに等しく、預金を引き出す時に手数料を引かれると、プラスにならないどころか、むしろマイナスになってしまうくらいですよね。通貨にもよりますが、国内の普通預金や定期預金預に比べ、外貨は金利が高い場合が多いです。中でももっとも馴染みがあり、持っている方も多いのは、やはりドル。海外旅行をよくするなら、あらかじめ外貨を預金しておくことで、為替手数料が片道になる、安く済むというメリットがあります。

デメリットとしては、預けた時よりも円高になってしまうと、損をしてしまう可能性もあるということ。また、ペイオフの対象外であるという点にも注意が必要です。金融機関が破綻した際、普通預金や定期預金などは1000万円までの元本とその利息が保護されますが、外貨預金は対象外。また、日本円に戻したい時に、為替手数料がかかります。そのため、単純に金利の高さに飛びついてしまうと、利益を出すのは難しい場合も。ちなみに、外貨に投資するには、外貨預金以外にも外貨建てMMFやFX(外国為替証拠金取引)といった方法があります。
 

どんな人にむいている?
知っておきたい「投資の基本知識」

 
ほかの「投資プラン」もチェック!

 

教えてくれたのは……

画像: 教えてくれたのは……

ファイナンシャルプランナー(AFP)・武藤貴子さん
会社員時代にお金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャルプランナーとしてセミナー、マネーコラムの執筆等を行う。退職後は、ネットでできる起業や副業のコンサルを行いながら、執筆や個人マネー相談など幅広く活動中。著書に『いちばん稼ぎやすい簡単ブログ副業』。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.