ここは都内某所のとあるBar。夜な夜なハイトレンドな服に身を包むファッショニスタが集まる理由は、スキンケアマスター、山本未奈子にあり。

的確なアドバイスとともに、今の肌状態にぴったりのスペシャルなコスメを提案してくれるという噂を聞きつけて、今宵も迷える30代女子が訪れる……。

MINAKO’s SKINCARE Bar vol.1

画像: MINAKO’s SKINCARE Bar vol.1

Skincare Bar Master
山本未奈子さん
MNC New York Inc.代表取締役。NY州認定ビューティセラピスト、英国ITEC認定国際ビューティスペシャリストの資格を持ち、美容家として活躍。美容ブランドの開発も手掛け、確かな肌理論と知識に基づくお手入れ提案に定評があるTHE スキンケアマスター!

今回の迷えるFASHIONISTAは……

STYLIST
山脇道子さん
36歳。数多くの女性誌、広告で活躍。シンプル、かつエッジの効いたスタイリングはモデル、タレントからの支持も熱い。Instagram:@michikoooo

画像: 今回の迷えるFASHIONISTAは……

肌タイプ:コンビ肌
年齢を微塵も感じさせない白く透けるような肌の持ち主で、朝晩、フルラインでケアし、スチーマーまで使うスキンケア優等生。
 
「日差しを浴びるとすぐに肌が真っ赤になるので、毎日UVケアは欠かさず、夏はSPF50を愛用してます」 

山脇さんのお悩み∶
最近、こめかみあたりにシミが
浮き出てきちゃって……。

未奈子さん シミなど肌の老化の80%は紫外線が原因だっていわれているけどUVケアは?

山脇さん 普段はSPF25・PA++のBB、外ロケのときはSPF50・PA++++ のUVケアも塗ってます。

未奈子さん  エライ! 基本のケアもしっかりしているし、となると美白ケアが必要ね。

山脇さん 気にはなっているんですけど、いろいろあって何を選べばいいかわからなくて。


<未奈子さんのアドバイス>

今あるシミのもとをどんどん肌の外に排出してくれる美白美容液をプラスして!
 

今夜のお客様に
ぴったりのコスメは……

「ジェノプティクスオーラ エッセンス」

画像: 「色ムラをなくして肌の透明感を育んでくれる1本。今から使い始めると、5年後、10年後の肌が確実に変わってくるはず」 シミに加えてもやもやとした肌曇りや慢性的な炎症にも注目。しっとりとした使い心地で透明感あふれる肌に。 シミのもとを追い出すチカラをパワーアップさせる美白美容液〈医薬部外品〉 30㎖ ¥16000(編集部調べ)/SK-Ⅱ

「色ムラをなくして肌の透明感を育んでくれる1本。今から使い始めると、5年後、10年後の肌が確実に変わってくるはず」
 シミに加えてもやもやとした肌曇りや慢性的な炎症にも注目。しっとりとした使い心地で透明感あふれる肌に。
 シミのもとを追い出すチカラをパワーアップさせる美白美容液〈医薬部外品〉 30㎖ ¥16000(編集部調べ)/SK-Ⅱ

山脇さんは、実力のあるエイジングケアコスメをライン使いしていて、UVケアまで完璧。そのおかげか、すっごく肌が白くてキレイ。ただ、彼女も自覚しているようにシミが出始めたことが問題ね。

そもそもシミをつくる最大の原因は紫外線だけど、最近は大気汚染など肌ストレスの影響もいわれていて、それらのダメージが肌の貯金箱に溜まって、あふれ出たときにシミになるの。だから、UVケアで防ぐと同時に、シミ貯金箱の中身を減らして溜めないようにするべき。

そのためのオススメは、美白美容液も使うこと。
SK-Ⅱのこれは、シミのもと=メラニンをどんどん肌の外へ排出して、シミとたるみを引き起こす炎症をも鎮めてくれるから、結果、エイジングケアにもなるの。美白コスメの効果をきちんと出すには継続することが大事だから、まずは1本、毎日使ってみて。

あと、プラスワンでオススメするなら、日焼け止めサプリ。仕事などでUVケアを塗り直せそうにない日や屋外でアクティビティを楽しむときは、飲んでおくと安心よ。
 

実際に使ってみての感想は?

「心地いいから継続できそう
 美白効果に期待してます!」

画像: 「心地いいから継続できそう 美白効果に期待してます!」

「SK-Ⅱはしっとりとした使いテクスチャーで、とてもいい香り。朝晩、気持ちよく美白ケアができてます。1本使い切るのが、今から楽しみ」


Photo:Tohru Daimo(n Minako)、Naoto Otsub(o Michiko)、Riki Kashiwabar(a still) Hair&Make-up:Kohsuke Hor(i Minako) Styling:Saori Yamaguch(i Minako) Text:Hiromi Narasaki

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.