シンガポールの2大グルメ、「チキンライス」と「チリクラブ」。どこでも食べられて嬉しい! けど、本当に美味しいと言われるお店の逸品を味わいたい! 食にうるさいシンガポールの料理人達が、研究に研究を重ねた渾身の一皿をご紹介。

チキンライスの楽しみ方

①2、3軒食べ比べるべし!

同じ「チキンライス」と言っても、店によって味付けや盛り付けなど、スタイルが全く異なるのが面白い。滞在中、少なくとも2~3軒は食べ比べして、自分の好みを探りあてよう。

②スチームor ロースト!?

主な食べ方は、スチーム(蒸し)or ロースト(蒸し焼き)の2つ。スチームが一般的だがローストも良い。店によってはどちらか選べるところもあるので、挑戦してみるべし!

天天海南鶏飯
ティエン・ティエン・ハイナニーズ・チキン・ライス

ローカルなホーカーで食べる行列のできるチキンライス

画像: ローカルなホーカーで食べる行列のできるチキンライス

「マックスウェル・フードセンター」のNO.1人気店。ランチ時になると、観光客や地元の人で長蛇の列ができる。チキンの旨味が凝縮されたスープで炊かれたライスに、ぷりぷりのチキンが!添えられたシンガポール産のキュウリと一緒に。ホーカー内でカラフルなプラスチック皿から食べるのも良い。メニューはスチームチキンのみ。1皿S$3.5。

住)Kadayamallur St. # 01-10/11 Maxwell
℡)9691-4852
営)11:00~19:30
休)月

文東記
ブントンキー

茹で加減が絶妙! 国内トップ10入りの実力派

画像: 茹でにした白切鶏はハーフサイズでS$13。他にロースト(ハーフS$14.8)もあり、こちらはかりかりに焼いた表面が香ばしく、肉汁がじゅわっと広がるジューシーな味わいが美味。

茹でにした白切鶏はハーフサイズでS$13。他にロースト(ハーフS$14.8)もあり、こちらはかりかりに焼いた表面が香ばしく、肉汁がじゅわっと広がるジューシーな味わいが美味。

1979年に小さな屋台からはじまり、現在は国内に6店舗を展開する老舗人気店。チキンとライスは別々で注文でき、80羽分のダシでとったスープで茹でる白切鶏は、いつもちょうどいい茹で具合。やわらかくしっとりとした食感で、ひと皿ぺろりだ。

住)425 River Valley Rd.
℡)6736-3213 
営)11:15~16:00、16:30~翌4:00
休)無

CHATTERBOX
チャターボックス

一度食べたら忘れられない、贅沢なチキンライス

画像: 一流ホテルならではのスタイリッシュな店内。チキンライスはS$27(別途サービス料)とホテル価格だが、丁寧に骨の取り除かれた上質の鶏肉がたっぷりと盛られてくるので、満足度は高め

一流ホテルならではのスタイリッシュな店内。チキンライスはS$27(別途サービス料)とホテル価格だが、丁寧に骨の取り除かれた上質の鶏肉がたっぷりと盛られてくるので、満足度は高め

マンダリンホテルと言えば「チャターボックス」のチキンライス、と言われるほどの名物。甘めの醤油ダレとぷりぷりの鶏肉に、ライスの上品な香りと3種のソースが相まって、至福の味。オリジナルのチリソースとブラックソースは店内で購入できる。
住)333 Orchard Rd.
℡)6831-6291
営)11:00~23:00(金土祝~翌2:00)
休)無

威南記Wee Nam Kee
ウィー・ナム・キー

伝統の味、シンガポールの老舗チキンライス

画像: 写真はローストのチキンライス一人前S$4.8。ご主人が「ゴールデンライス」と呼ぶライスは、チキンブロス、レモングラス、生姜など10種類以上の食材のスープでふっくら、パラパラに炊く。

写真はローストのチキンライス一人前S$4.8。ご主人が「ゴールデンライス」と呼ぶライスは、チキンブロス、レモングラス、生姜など10種類以上の食材のスープでふっくら、パラパラに炊く。

シンガポールNo.1チキンライスとの呼び声も高い名店は、1989年創業。以来、独自の伝統的な調理方法でできるだけ自然な素材だけを使用した、安心でヘルシーなチキンライスを作り続けている。柔らかい鶏肉はもちろん、香り高いライスも絶品。

住)6Raffles Blvd.# 04-102b Marina Square
℡)6333-9830
営)10:30~21:30
休)無

チリクラブの楽しみ方

①大人数で豪快に楽しむべし!

カニが1杯丸ごと出てくるスタイルが多いので、大きなカニを頼んで、大人数で楽しむのがおすすめ。もちろん少人数でもOKだが、みんなで分け合えば、より一層楽しい&美味しい!

②甘辛ソースを堪能するべし!

美味しさの決め手は、なんといっても甘辛いチリソース。もちろんカニ自体にもたっぷり付けるが、余ったチリソースは、セットの揚げパンに染み込ませて食べるのがローカル流!

PALM BEACH SEAFOOD
パーム・ビーチ・シーフード

身の詰まった大迫力のカニを丸ごと食べる本格チリクラブ

画像: 身の詰まった大迫力のカニを丸ごと食べる本格チリクラブ

「シンガポール最優秀レストラン賞」を連続受賞するなど、国内外の数々の賞に輝くチリクラブの名店。洗練された空間でゆったりと料理を堪能できる。店内には中華風の丸くて大きなテーブルが並び、大人数でも◎。他にも中華メニューが豊富な魚料理や、「ブラックペッパークラブ」など違う味のクラブもあり。チリクラブは1㎏でS$88++。

住)1 Fullerton Rd. # 01-09 One Fullerton
℡)6336-8118
営)12:00~14:30、17:30~22:30
休)無

Long Beach @ DEMPSEY
ロングビーチ@デンプシー

老舗自慢のペッパー使いが決め手
スパイシーな旨みがあとを引く!

画像: Long Beach @ DEMPSEY ロングビーチ@デンプシー

1946年創業の老舗シーフードレストラン。30種類以上バリエーションがあるカニ料理のなかで、特におすすめは「ブラックペッパー・クラブ」(1㎏/S$68~)。油断すると後からピリピリと押し寄せる強力な辛さながら、甘さたっぷりのカニと、このスパイシーさがやみつきに! 

住)25 Dempsey Rd.
℡)6323-2222 
営)11:00~15:00、17:00~翌1:00
休)無

Singapore Seafood Republic
シンガポール・シーフード・リパブリック

定番を食べて終わりじゃない!
通が頼む、ペッパー・クラブ

画像: 定番を食べて終わりじゃない! 通が頼む、ペッパー・クラブ

日本では珍しいマッド・クラブは、その甘くてプリプリの身が特徴。当然チリソース以外の味付けでも絶品! 食欲をそそるガーリックバターとネギの風味、カニの甘さをホワイトペッパーの爽やかな刺激がさっぱりとまとめてくれる。ブラックペッパーよりもまろやかな味わいで、いつまでも食べ続けられてしまう美味しさ。

住)26 Sentosa Gateway # 01-292 Waterfront Resort World Sentosa
℡)6265-6777 
営)12:00~15:00、18:00~23:30(土日祝17:30~)
休)無

Jumbo Seafood
ジャンボ・シーフード

国内に5店舗、海外にも展開する
最大手のチリクラブレストラン

画像: 蟹の値段は時価。写真のサイズは約1㎏でS$68ほど。他にパンダン、タイ風カレー、アヒルの塩卵炒めなどの味付けもある。

蟹の値段は時価。写真のサイズは約1㎏でS$68ほど。他にパンダン、タイ風カレー、アヒルの塩卵炒めなどの味付けもある。

言わずと知れた超有名店。最も"ベーシック"な味のチリソースはマイルドで、最後まで揚げパンやチャーハンと共に食べ尽くしたい。やっぱりここのチリクラブが一番と、長年愛され続けている。値段は時価で1㎏約S$50。

住)30 Merchant Rd. # 01-01/02 Riverside Point 
℡)6532-3435
営)12:00~15:00(LO14:15)、18:00~24:00(LO23:15)
休)無


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.