あなたの頭の中は、常に多くの情報や複雑な人間関係のことでいっぱいになっていない? だから週末は瞑想ヨガを試してほしい。頭も心も一度「無」にすることでエネルギーバランスを整えて新しい週を迎えよう。

教えてくれたのは…

月ヨガ(R)講師
島本麻衣子さん

画像: 教えてくれたのは…

月のリズムに合わせた女性のための月ヨガ(R)を考案。著書『DVD付きヒーリング月ヨガ心とカラダをほぐす28日間浄化メソッド』(講談社刊)ほか多数。

呼吸を意識することで深い瞑想に辿りつけます

目を閉じても様々なことが頭をよぎるなら、瞑想のための呼吸法をマスターしたい。呼吸が落ち着くことで精神が安定し、瞑想も自然と深まっていく。これを習慣化すれば、自分の内側はもちろん、他者との関係など外側との関係もバランスが良くするきっかけになる。

①鼻から息をゆっくり吐き出し、鼻からゆっくり吸う、を繰り返す。

②吐くときにお腹を背中に近づけて、吸うときにお腹を膨らますよう意識。

③徐々に吸う息の倍の長さで吐く。初めは5 分続けることを目標に。

画像: ③徐々に吸う息の倍の長さで吐く。初めは5 分続けることを目標に。

このポーズは?

スカーサナ
クッションの上にお尻をついて座り、両膝を内側に曲げる。背骨はまっすぐ伸ばして腰は反らさないこと。太ももに手を置き指で輪を作る。全身の力を程よく抜いて腹式呼吸をゆっくり繰り返す。集中して行おう。途中、意識が散漫になったら丁寧な呼吸を繰り返して。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.