ラグビー・ワールドカップの日本代表の活躍で、人気スポーツの仲間入りしたラグビーだけど、聞き慣れない用語も多いしルールも難しい……。でも、基本中の基本を知るだけで、楽しさも見方もワンランク上に!

まずは、ラグビーの全体像を把握する
フォーメーションと試合時間

15人!
40分ハーフ! !

試合時間は前後半40分ずつの計80分。1 チームのメンバーは15人で、8人のFWと7人のBKに大きくわけられる。背番号を見るとポジションがわかる。

画像: 15人! 40分ハーフ! !

得点がわかれば見方も変わる
24つの得点方法

トライ

画像: トライ

敵のインゴール内の地面にボールをつければトライ。これが、試合中に最も盛り上がる瞬間!

コンバージョンゴール

画像: コンバージョンゴール

トライをしたチームには、トライ後にキックでゴールを狙うチャンスが。決まれば2点追加。

ペナルティゴール

画像: ペナルティゴール

反則を受けたチームは、その位置からゴールに向かってキックを蹴り得点を狙うことができる。

ドロップゴール

画像: ドロップゴール

プレー中にキックでゴールを狙ってもOK。キックの方法はボールを1バウンドさせて蹴る。

選手を覚えてラグビーを身近に
日本を代表するスター選手たち

画像1: 選手を覚えてラグビーを身近に 日本を代表するスター選手たち

松島幸太朗 Kotaro Matsushima
22歳
ジンバブエの血を引くスピードスター。神技的なしなやかなステップで相手を翻弄する様は爽快!
サントリーサンゴリアス/CTB

画像2: 選手を覚えてラグビーを身近に 日本を代表するスター選手たち

山田章仁 Akihito Yamada
30歳
端正なマスクにも注目が集まる技巧派。今年のオリンピックでは7人制ラグビー日本代表にも選出。
パナソニックワイルドナイツ/WTB

画像3: 選手を覚えてラグビーを身近に 日本を代表するスター選手たち

五郎丸 歩 Ayumu Goromaru
29歳
キック前の独特なポーズ(ルーティン)と正確なキックで旋風を巻き起こす。今年は海外挑戦も。
ヤマハ発動機ジュビロ/FB

画像4: 選手を覚えてラグビーを身近に 日本を代表するスター選手たち

アマナキ・レレイ・マフィ Amanaki Lelei Mafi
26歳
トンガ出身で強靭な肉体を持つフィジカルモンスター。普段見せる均整のとれた笑顔もキュート!
NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス/NO.8

これだけは知っておきたい!
ラグビーの基本用語

①スクラム
軽い反則後に試合を再開するためのプレー。フォワード8人ずつが組んでボールを奪い合う。

②ラインアウト
ボールがタッチライン外に出たときに、その位置からボールを投げ入れ試合を再開させる。

③ノックオン
ボールを持った選手が、自分より前にボールを落としてしまうと反則になる。

④ノットロールアウェイ
タックルした選手は相手とボールからすぐに離れなければ反則に。タックルを受けた選手も同じ。

⑤スローフォワード
ボールを持った選手が自分より前にパスする反則。パスは後方か真横に投げるのがルール。

⑥ノットリリースザボール
タックルを受けた選手は、すぐにボールを手放さなければ反則になる。

⑦オフサイド
ボールを持っている選手より前方にいる選手がプレーに関わるとオフサイドの反則になる。

⑧アドバンテージ
反則をしないチームが、プレーを続けたほうが有利になると審判が判断した場合、プレー続行。

⑨オーバーザトップ
両チームの選手が組んでいるときに、相手側に倒れこみボールの展開を妨げると反則になる。

⑩ノーサイド
試合終了のこと。ノーサイドの笛が鳴れば敵も味方も関係なく健闘を讃え合うのがラグビー。

イラストレーション/阿部伸二(カレラ) 文/大島佑介

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.