バンコクは今、カフェが大ブーム! それも大手コーヒーチェーンではなく、いわゆるサードウェーブと呼ばれるもの。だから、少し雰囲気のいいカフェに入れば、ちゃんとコーヒーマシンがあるのです。
 

画像1: バンコクの「カフェ事情」【暮らすように旅する】

もともとタイの飲み物はすごく甘い(シロップをドカドカ入れる)のですが、この類のコーヒーはちゃんとそのまま。ありがたや〜。

特に、エカマイやトンローといった地域に多いので、カフェを目的に遊びに行くのも楽しい。私がよく行くのは、アーリー地区にあるカフェ。アーリーにはBTS(スカイトレイン)で行くことができます。
 

画像2: バンコクの「カフェ事情」【暮らすように旅する】

Coffee Roasting Division of Pladibは雰囲気がよくてお気に入り。

最近クリエイターが住むようになって、おしゃれスポット化しているアーリー。その発展を牽引してきたのがこちらのカフェというかその同オーナーが経営するレストランのPla dib(プラーディッブ)なんだそう。
 

画像3: バンコクの「カフェ事情」【暮らすように旅する】

いつもお茶だけですが、フードもよさそう〜。今度はレストランのほうにも行ってみよう。

あとはCasa Lapin ×Ariにもよく行きます。ここは、電源もあるし、Wi-Fiも飛んでいて、パソコンで作業するときに使ってます。それに、カフェ飯っぽいパンケーキやハンバーガーなんかもあって、洋食が恋しくなったらいいかも!

 
Photo&Text:Miho Oashi

This article is a sponsored article by
''.