愛らしい動きと表情。CGではなく、一コマ一コマ、人形や背景を動かすストップモーションの手作り感…。一度観たら病みつきになるのが『ひつじのショーン』の世界。

改めて感心してしまうのは、人間も出てくるのにセリフが一切ナシで進行する作り。これって、映画本来の魅力であり、説明っぽいセリフが多い最近の映画に嫌気がさしてる人は、オアシスのように癒されます!

イギリス作品らしく、ブラック&邪悪なネタがさり気なく入るところに、大人も惹かれるのでは? 今回は、ショーンの牧場に買い取られた3頭のラマの大暴走が過激な笑いを誘います。

 NHKのEテレでも放映されていますが、TV版は1話が約6分なので、「もっと長く観たい!」というファンの欲求に応える本作。昨年夏の長編を観逃した人は、ぜひ今回、『ひつじのショーン』のクセになる面白さを堪能してください。

『ひつじのショーン スペシャル 〜いたずらラマがやってきた!〜』/同時上映『ひつじのショーン テレビシリーズ ベストセレクション』
3月5日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開

画像: © Aardman Animations Ltd 2015

© Aardman Animations Ltd 2015

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.