古くは花街として栄え、フランスにゆかりの深い学校のある土地柄から、人気フレンチ激戦区としても定着。

そんな神楽坂は今、新たなカルチャー発信地として注目の的。大型商業施設から書店にお花屋さん、雑貨店など魅力あふれるカルチャースポットが続々。落ち着いた佇まいと、流行に左右されない品揃えが大人の街で愛されている。

 

la kagu

雑貨、本、洋服。各コーナーはそれぞれのキュレーターが品揃えを担当。例えば雑貨はスタイリストの岡尾美代子氏、本は幅允孝氏。永遠の定番あり、偏愛的逸品あり。キュレーターのユニークな視点が生きる品揃えに物欲は刺激されっぱなし。アツくなったら併設カフェでひと休み。

画像: 『la kagu』の2階にある大きな本棚では、「10×10」という名で10人の選ぶ、10冊の本をテーマに本を紹介。選者は定期的に交替。

『la kagu』の2階にある大きな本棚では、「10×10」という名で10人の選ぶ、10冊の本をテーマに本を紹介。選者は定期的に交替。

画像: 左・ウィメンズファッションはハイブランドから日常の定番まで本当の「いいもの」が揃う。 右・北欧家具を扱う「huluta」によってリペアされたヴィンテージ家具も。

左・ウィメンズファッションはハイブランドから日常の定番まで本当の「いいもの」が揃う。 右・北欧家具を扱う「huluta」によってリペアされたヴィンテージ家具も。

ホットドッグのランチセット¥900

la kagu
東京都新宿区矢来町67
☎03-5227-6977
営業時間:ショップ11:00~20:00、カフェ8:00~21:00(LO20:30)
定休日:なし
http://www.lakagu.com/

 

かもめブックス

「本を読まない人にこそ来てほしい」と店長の柳下恭平さん。ほどよい分量で並べられた本はテーマごとに “編集”。だから限られた時間でもさっと回れて、気の合う一冊を見つけやすい。店内にはカフェや本の挿画をイメージしたギャラリーも。立ち寄れば必ず発見がある。

画像: 店頭の特集コーナーは、旬のテーマで本をセレクト。

店頭の特集コーナーは、旬のテーマで本をセレクト。

画像: 左・名物「神楽坂プリントースト」¥740。地元の名店『ACHO』のプリンを大胆にトーストに塗って! コーヒー¥450。右・オリジナルトートバッグ¥2800。

左・名物「神楽坂プリントースト」¥740。地元の名店『ACHO』のプリンを大胆にトーストに塗って! コーヒー¥450。右・オリジナルトートバッグ¥2800。

かもめブックス
東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1F
☎03-5228-5490
営業時間:10:00~22:00、日11:00~20:00
定休日:不定 
http://kamomebooks.jp/

 

ラ・ロンダジル

神楽坂カルチャーの先駆けが’14年秋移転。2フロアの店内は地階が常設、1階が企画展。日本の作家による器など日々の雑貨をおもに扱う。リピート買いできるもの、修理して使えるもの。そんな目線で選んだ品は、使うほどに愛着がわくものばかり。長く愛せる逸品にきっと出合える。

画像: 企画展コーナーでは、常設でおなじみの作家をクローズアップ。

企画展コーナーでは、常設でおなじみの作家をクローズアップ。

画像: 左・常設では60人ほどの作家の作品を揃える。 右・小澤基晴氏による翡翠釉薬と飴釉のマグ1客¥2800。

左・常設では60人ほどの作家の作品を揃える。 右・小澤基晴氏による翡翠釉薬と飴釉のマグ1客¥2800。

ラ・ロンダジル
東京都新宿区若宮町11 麻耶ビル1F 
☎03-3260-6801
営業時間:11:30~18:30(祝日~18:00)
定休日:日・月 
http://la-ronde.com/

 

kojien(小路苑)

元は町工場という花屋さんの店内には、季節の草花が枝ぶりも自由に咲き乱れる。でもこちらの花束は、花よりむしろ枝や実が主役。まるでいま野山から摘み取ってきたかのように植物が力強い。アレンジはもちろん一枝から購入も。引き戸を引けば看板犬のコユキが熱烈歓迎!

野の風景を思わせる季節の植物が空間いっぱいにいきいきと。冬はリースもオーダー可能。

画像: 左・ブーケは予算¥3000~。前日までに電話で予約してイメージを伝えて。 右・赤城神社近くの坂道途中。神楽坂らしい路地裏風景になじむ佇まい。

左・ブーケは予算¥3000~。前日までに電話で予約してイメージを伝えて。 右・赤城神社近くの坂道途中。神楽坂らしい路地裏風景になじむ佇まい。

kojien(小路苑)
東京都新宿区赤城元町3-4 
☎03-5261-0229
営業時間:13:00~20:00
定休日:不定
http://www.kojien.jp/

 
●情報は、FRaU2016年1月号発売時点のものです。

This article is a sponsored article by
''.