一概にレストランやカフェとは言い切れず、既存のイベントスペースやお料理教室とも違う……。そんな新たな食の空間が増えています。
ときに来日シェフのテストキッチンになったり、ときに人気の料理研究家が集まるコラボイベントの会場になったり……。次に何がここから生まれてくるか、誰にも想像がつかない(!?)〝食の実験室〞に注目!

ニコライ・バーグマンが提案する新しい食の空間
【ノム 西麻布】

画像: 店内の木材はすべて北欧から輸入。

店内の木材はすべて北欧から輸入。

フラワーアーティストとして活躍する一方、自国デンマークの食文化や芸術、ライフスタイルを広く伝えるイベント「DAC」を主催するニコライ・バーグマン。
本格的な大型キッチンを備え、フードラボとしてテストキッチンやワークショップなどの場所として活用すべく誕生したのがこちら。フードやドリンクのイートイン&テイクアウトも可能。

画像: 「DAC」では毎回気鋭のゲストシェフをデンマークから招聘し、数日限りのポップアップレストランを開催。写真は昨年来日したマッズ・マクヌソンと彼による色彩感覚豊かな一皿。

「DAC」では毎回気鋭のゲストシェフをデンマークから招聘し、数日限りのポップアップレストランを開催。写真は昨年来日したマッズ・マクヌソンと彼による色彩感覚豊かな一皿。

住)東京都港区西麻布2-8-7-1F
℡)03-5464-0616
営)10:00~ 18:00
不定休
http://www.nicolaibergmann.com/

大型キッチンがデスクの隣に出現!オフィス併設のキッチン付きスペース
【ラボ・アンド・キッチン】

画像: 陶芸家の器とフードディレクター、船越雅代さんの料理を楽しむ「UTSU-WA」が利用した例。(Photo:TORU KOMETANI)

陶芸家の器とフードディレクター、船越雅代さんの料理を楽しむ「UTSU-WA」が利用した例。(Photo:TORU KOMETANI)

広告やウェブサイトなどを制作するデザイン事務所「サカキラボ」が〝キッチンで、日本と世界をつなぐ〞をコンセプトに作り出したオフィス併設の大型キッチン付きスペース。
食とアートをキーワードに広く一般にも開放しており、料理研究家のイベントからワイン生産者のセミナー、器や盆栽のワークショップなどユニークな企画を随時開催。

画像: 左)フランス人の日本酒エキスパートがガイドするSavory Japan主催の諏訪の酒の会。右)バルの聖地、スペインのサン・セバスチャンをテーマにした料理研究家、植松良枝さんのイベント。

左)フランス人の日本酒エキスパートがガイドするSavory Japan主催の諏訪の酒の会。右)バルの聖地、スペインのサン・セバスチャンをテーマにした料理研究家、植松良枝さんのイベント。

住)東京都千代田区神田小川町3-6-8 伸幸ビル6F
℡)03-5577-3390
営)11:00~18:00
休)土・日・祝、不定休
http://www.labpaper.jp/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.