デザイナーの有名・無名に問わず、世界には知られざる素敵な椅子がまだまだ眠っている。なかでも公共施設で愛用されていたヴィンテージチェアは、隠れた名作の宝庫。

デンマーク・プライウッドチェア DENMARK PLYWOOD CHAIR

スタッキングできるV字レッグが特徴のこのチェアは、1960年代にデンマークのファクト
リーブランドが公共施設に納品するために生産したと思われるデザイン。体にフィットする
ようにカーブしたシートのフォルムは、アメリカのミッドセンチュリーデザインを彷彿させる。

画像: ¥60000(W490×D490×H890×SH450㎜)/ HIKE

¥60000(W490×D490×H890×SH450㎜)/ HIKE

FDBチェア FDB CHAIR

北欧の名デザイナー、ポール・M・ヴォルターが手がけたこのチェアは、自身の代表作である
『コロナチェア』と同様、3本の背もたれがアイコニック。これはデンマークで暮らす人々のた
めに家具を生産し提供している『家具生協』からの依頼でデザインされた、隠れた名モデル。

画像: ¥60000(W490×H775×SH445㎜)/ SLOW HOUSE 二子玉川

¥60000(W490×H775×SH445㎜)/ SLOW HOUSE 二子玉川

バウマンチェア BAUMANN CHAIR

1950年代のフランスにて、ビストロやホテル、劇場などで使用されていたのがバウマンチェ
ア。曲線と直線をバランスよく取り入れたモダンなデザインのこの椅子は、シートと背もた
れをつなぐボルトナットがついたインダストリアルな雰囲気を感じられる後ろ姿もポイント。

画像: ¥42000(W415×H800×SH440㎜)/ FER TRAVAIL

¥42000(W415×H800×SH440㎜)/ FER TRAVAIL

ドムスチェア DENMARK PLYWOOD CHAIR

ヘルシンキにあった学生寮のために北欧の巨匠イルマリ・タピオヴァーラがデザインを手がけ
たドムスチェア。どっしりとした存在感のあるデザインで、座り心地がいいのも長く愛され続
けている理由。こちらは『アルテック社』の復刻版で、ヴィンテージはさらに希少価値が高い。

画像: ¥77000(W580×H790×SH450㎜)/ハルタ神田

¥77000(W580×H790×SH450㎜)/ハルタ神田

※文中( )内は、H=高さ、W=幅、SH=椅子の座の高さ、Φ=ランプシェードの直径、単位は㎜です。
Photo:Koh Akazawa Text:Yuichi Samejima Composition:Mayuko Kobayashi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.