ファッションに関するおしゃれさとハヤミミさで注目を集めるモデルの、「今着たいもの」を徹底取材。
確固たるMYルールがありながらも、常にアップデートされていく彼女たちのリアルクローズは、誰もが気になるところ。さっそくマネして買い物がしたくなる!

竹下玲奈さん

画像: 竹下玲奈さん

「今の気分は、〝色を楽しむ〞という表現がぴったり。春物を着たくなる時期だけれど、現実的にはまだまだ寒い。だから色で春を意識したいなって。コレクションを一通り見て、可愛い!と感じた色のアイテムを買いました。原色・パステルは問わず、気になった色を着たい。特に好きなのはピンク。アクセントで差すのもいいですよね」

Q.パーマかけました?
「サイド部分だけに、パーマをかけたんです。程よくボリュームが出るのでスタイリングも簡単! 後ろ髪はクセを活かして、手グシでクシャッとするくらい。あとは、編み込みのアレンジをするのにも最近ハマっています」

Q.よく買い物するお店は?
「ヴィンテージが好きなので、JANTIQUES、TORO、青山のLong Beachにはよく行きます。ボーイズライクなアイテムを探している時は、神宮前のMarvin’sへ」

ニット×ニット

「FUMIKA UCHIDAのニットショーパンとnico and…のトップスでニット×ニットに。タイツを穿かない方が可愛い気がして、ちょっと寒いけど生脚でブーツにしちゃいました。熊谷隆志さんがディレクションをしている、CPCMで見つけたスカーフを適当にぐるりと巻きつけて色をプラス」

画像1: ニット×ニット
画像2: ニット×ニット

インナーには春を感じるピンク

「ピンクのスカートはJANTIQUESで見つけたお気に入り。引きずるくらい長いマキシコートを着ていても、インナーには春を感じるピンクが着たくて。ニットはCÉLINE、シューズはGUCCIのものです」

画像: インナーには春を感じるピンク

デニムはぴったりの1本を

「デニムはリーバイスのオレンジタブ。納得いくまで試着するタイプなので、10本くらい穿いてようやく見つけた1本です。ベルボトムはずっと好きな形だし、ダメージも好み。ぴったりのデニムと出会えるのって奇跡に近い気がします」

画像: デニムはぴったりの1本を

Reina Takesita
PROFILE:
1997年、15歳でモデルデビュー。30代の今も日本のファッションシーンを牽引するトップモデル。飾らない人柄の可愛くて美しい人。▶@renatakeshita

Photo: Daiki Matsunaga Hair & Make-up: Mikako Kikuchi(TRON) Text: Yumiko Ito

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.