ファッションに関するおしゃれさとハヤミミさで注目を集めるモデルの、「今着たいもの」を徹底取材。確固たるMYルールがありながらも、常にアップデートされていく彼女たちのリアルクローズは、誰もが気になるところ。さっそくマネして買い物がしたくなる!

クリス-ウェブ佳子さん

「昔は黒い服ばかり着ていたのですが、最近は娘に『ママ、派手過ぎ!』なんて言われる程に色を纏う毎日です。一番好きなのはグリーン。ありとあらゆるグリーンを着ていますね。ピンクは敬遠していた色なのですが、おばあちゃんになった時に似合う人でありたいと思い、手に取るようになりました。今はピンクの練習期間かな」

Q.よく買い物に行くのはどこ?
「最近のSUPER A MARKETのセレクトがとても素敵で、定期的に覗きに行くようにしています。ヴィンテージはJANTIQUESで買うことが多いですね。商店街の婦人洋品店へ行ってブローチを探したりするのも大好き」

Q.最近買って良かったものは?
「人生初の赤のマノロ・ブラニク。ロンハーマンの別注『キエッタ』で、定番のBBよりも甲が浅いんです。赤い靴って迷ってしまって今まで買えなかったのですが、これはまさに出会ってしまった一足」

レモンイエローのスカート

「ボリュームのあるレモンイエローのスカートがこのコーデの主役。JANTIQUESで見つけたヴィンテージでメンズアイテムとMIXさせて着るのが気分。MA-1はFUMIKA UCHIDA、トップスはENFOLD、パンプスはPRADAのもの」

画像: レモンイエローのスカート

女性らしいシャツジャケット

「上下ともにUNIQLOとカリーヌ・ロワトフェルドのコラボレーションライン。シャツジャケットはウエストがシェイプされていて、女性らしいシルエット。インフィニティカフやゴールドアクセをポイントに」

画像: 女性らしいシャツジャケット

気分がアガるピンク

「主張の強いピンクのスカートは、それだけで気分が盛り上がります。このプリーツスカートは、シドニーの新進ブランド『TOME』の作品。Julien Davidのスウェットと一緒にSUPER A MARKETで買いました。#アダルトピンク

画像: 気分がアガるピンク

Yoshiko Kris-Webb
PROFILE: ファッションPR・バイヤーを経て、洗練されたファッションセンスを持つVERY専属モデルとして活躍中。▶@tokyodame

Photo: Kentaro Oshio Hair & Make-up: CHISA(ROI) Text: Yumiko Ito 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.