今度のお休みは何をしよう? そんな風に思ったなら美術館へ。
「絵画鑑賞」なんて思うと少し構えてしまうけれど、見ることだけでなく、想像すること、考えること、感じること、そして空や風を意識すること……。いつにない感覚が私たちを待っている。ふだん眠っている感覚を思いっきり解放してくれる魅力的なアート作品たち。心ときめく教養的休日を楽しみ、新しい感覚、新しい自分に出会おう。

美術館の中はドーム状の真っ白い空間。丸い開口部から風がそよぎ、空と緑がのぞく。

【豊島(てしま)美術館】

画像: 美術館の中はドーム状の真っ白い空間。丸い開口部から風がそよぎ、空と緑がのぞく。

現代アート作家の内藤礼さん、建築家の西沢立衛さんによる「豊島美術館」。瀬戸内海に浮かぶこの島は、心をゆるめ、作品と空間を感じる場所。

小さなトンネルのような入り口を抜けて、建物の中へ。広々とした真っ白い空間が私たちを迎える。この先に何があるのだろう? 戸惑いながら中に進む。空間にたたずみ、耳をすませ、何かを探るように「待って」みよう。丸い開口部から運ばれてくる風、木々の揺れる音、太陽の光。刻々と変化する「自然」の動きにともなって中の様子も変わっていく。ふと、足元にうごめく水の存在を感じる。「母型」は、泉のように床のあちこちからゆっくりと水が湧き出す作品。小さな水滴はわずかな風に揺られながら動き、集まっていく。自然と呼応しながら、無限に変化する空間に身を置き、心おもむくままに感じてみよう。

画像: Teshima Art Museum Rei Naito: Matrix, 2010 Photo: Noboru Morikawa

Teshima Art Museum Rei Naito: Matrix, 2010 Photo: Noboru Morikawa

訪れた人が口々に「泣ける美術館」と評するとの噂も。季節や時間によって異なる表情が見られるので、訪れる度に新鮮な感動と出会える。

豊島美術館
住)香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607 
℡)0879-68-3555
3/1~9/30:10:00~17:00(最終入館16:30)、10/1~2月末日10:00~16:00(最終入館15:30)

Text:Ayano Hayashi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.