今度のお休みは何をしよう? そんな風に思ったなら美術館へ。
「絵画鑑賞」なんて思うと少し構えてしまうけれど、見ることだけでなく、想像すること、考えること、感じること、そして空や風を意識すること……。いつにない感覚が私たちを待っている。ふだん眠っている感覚を思いっきり解放してくれる魅力的なアート作品たち。心ときめく教養的休日を楽しみ、新しい感覚、新しい自分に出会おう。

空を見つめ、光を感じ、眠る。
光のアーティスト、ジェームズ・タレルの作品に泊まる。

光の館

画像1: 空を見つめ、光を感じ、眠る。 光のアーティスト、ジェームズ・タレルの作品に泊まる。

雪の多い新潟の地らしい高床式の日本家屋。中に入ると12.5畳の和室「アウトサイドイン」が迎えてくれる。まずは畳に寝そべり、スライド式の屋根を開け、吹き抜けの天井から天高くつづく「空」と対面。ここで私たちはただそこに存在する空を見つめる。
朝、昼、夕暮れと開かれた天井から移ろう空を目にして、ふだん感じることのない空の光、色に対する感覚に出会う。間接照明の色が空の移り変わりとともに変化する日没・日の出のライトプログラムでは、さらに光によって空の見え方がまったく変わってくるという神秘を体験できる。

画像2: 空を見つめ、光を感じ、眠る。 光のアーティスト、ジェームズ・タレルの作品に泊まる。

宿泊だけでなく、見学や会議などでの利用もできる。作品の中での長時間のアート体験ができる、希有な施設。お風呂には光ファイバーによる照明が。

光の館
住)新潟県十日町市上野甲2891
℡)025-761-1090
※予約方法はHP(http://hikarinoyakata.com)をご確認ください。

Text:Ayano Hayashi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.