タイでも最近、健康志向、ナチュラル・オーガニック意識が高まってきています。

BTSエカマイ駅直通した「ゲートウェイエカマイ」というモールでは、週末に「バンコク・ファーマーズ・マーケット」を開催。スケジュールはこちらのサイト(http://www.bkkfm.org/)か、Facebookページ(https://www.facebook.com/bkkfm)がより確実です。
 

画像1: バンコク・ファーマーズ・マーケット【暮らすように旅する】

特にいつもすごい人気なのが、フランス人男性がやっているパン屋「Amantee」。タイだと、ハード系のパンを見つけるのって、難しい。最近は、エリック・カイザーやPAULも上陸しましたが、ちょっとハイソなお値段だし、毎日食べるのには高すぎです。だから、こういう安くておいしくて安全で、っていうのは本当に重宝します。もちろん、欧米諸国のお客さんもいっぱいでした!
 

画像2: バンコク・ファーマーズ・マーケット【暮らすように旅する】

タイプロダクツの良質なアイテムも揃います。ハンドクリームやリップクリーム、シャンプー、アルガンオイルなどなど。普通のデパートでは大手化粧品しか見ることができないので、自然派コスメをチェックするにはファーマーズマーケットが最適です。
 

画像3: バンコク・ファーマーズ・マーケット【暮らすように旅する】

値段もひとつ500円くらいとお手頃なので、お土産にもいいかも。
 

画像4: バンコク・ファーマーズ・マーケット【暮らすように旅する】

小腹が空いても安心。ソーセージなども売っています。
 

画像5: バンコク・ファーマーズ・マーケット【暮らすように旅する】

それからオーガニック野菜も。
 

画像6: バンコク・ファーマーズ・マーケット【暮らすように旅する】

スタンプ作りのワークショップなども開催しています。

ちょっと早起きをした土日には、散歩がてら遊びに行ってみてください。

 
Photo&Text:Miho Oashi

This article is a sponsored article by
''.