90代になった今もなおファッション界のインフルエンサーであり続けるアイリス・アプフェルを追いかけたドキュメンタリーが公開されます。

インテリアデザイナーとして活躍し、オリジナリティあふれるファッション・コレクションの展覧会がメトロポリタン美術館で開催されて大反響を巻き起こしたのが84歳のとき。もちろん普段着も自分自身のスタイルを確立していて、ハーレムで買ったアクセサリーに少数民族の衣裳、ハイブランドのアイテムをミックスしたファッションは、まさに唯一無二! 

それにしても94歳で「死者も目覚めるほどのインパクト」がある大ぶりなネックレスを重ねづけするには、首の筋肉もかなり鍛えねばなるまい……、と彼女の健やかさにびっくりしました。

すべてを手に入れるのは無理だとわかっていたから子どもは望まなかったときっぱりと語り、仲睦まじい夫は退屈知らずのパートナーを称えながら「美しい旅のような旅だった」と人生を振り返っています。
「ルールはないの。あっても破るだけ」「みんな好きな服を着るべき」「センスがなくても、幸せならいい」etc.……、名言の数々に彩られた生涯現役の女の人生。彼女のファッションはすぐには真似できなくても、その精神にはすぐ真似したくなる、楽しい人生を切り拓くためのヒントがたくさん隠れています。

3月5日(土)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
『アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー』

画像: ⓒIRIS APFEL FILM, LLC.

ⓒIRIS APFEL FILM, LLC.


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.