鮨屋密集地帯の銀座からたった1駅、夜は比較的静かな新富町にある「鮨 はしもと」は、たったオープン1年であっという間に予約が取り難い店の仲間入り。30代の大将はあの超予約難関店「日本橋橘町 都寿司(現「日本橋蠣殻町 すぎた」)」から独立。入ると8席の白木のカウンターにゆったり大きな肘掛椅子!こんな座り心地がより椅子の鮨屋は初めて。

この日は300㎏アッパーの下田にあがった本鮪をいただく。その「はがし(大トロの筋からはがしたもの)」に悶絶! 筋がないので一見肉っぽくもみえます。

画像1: 鮨屋は若手職人が面白い!「鮨 はしもと」@新富町・東京

佐世保の鰤に、塩で4日〆た真鯛、長崎のブランド赤ムツ“紅瞳”。

画像2: 鮨屋は若手職人が面白い!「鮨 はしもと」@新富町・東京

蒸し鮑の肝ソースは味噌を隠し味に、残ったソースには酢飯と烏賊を乗せてもらい二度美味しい!
そしてブルーチーズがアクセントの蟹茶碗蒸しは衝撃の美味しさ。あ~日本酒がすすむ。

画像3: 鮨屋は若手職人が面白い!「鮨 はしもと」@新富町・東京

お任せで14000円、と修業した店より安く値段を設定、こんなにもがんばった仕入でこの値段は破格! 銀座でこのレベルだと3万~4万は軽くします。

それにしても最近、若手の寿司職人の活躍が目立ちます、四ツ谷「すし匠」から独立した銀座「鮨あらい」、銀座「久兵衛」から「鮨 竜介」などなど、阿佐ヶ谷の「鮨 なんば」は既に今年の予約が取れないというウワサ。これからもぞくぞくと30代若手鮨職人が独立する模様。注目ですね。

ますます有名になって予約取れなくなってしまうのではないかとちょっと心配。それでもシーズンごとに旬を味わうために、予約してまた来ます!

画像4: 鮨屋は若手職人が面白い!「鮨 はしもと」@新富町・東京


「鮨 はしもと」
東京都中央区新富1-15-11 マキプラザ1F
電話 03-5541-5578
営業時間 18時~23時
定休日 月曜日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.