昭和一桁時代は東京以北最大の繁華街だった函館宝来町。その真ん中あたりにある総檜造りの風格ある建物が「阿佐利 本店」。丁寧に磨き抜かれた階段を上ると雰囲気のある和室の個室が大小何部屋かある。

今回ランチは黒毛和牛A5サーロイン使用の“松”コース3900円! コースでもなんと2600円からある。
まずはすき焼き鍋に牛脂をひき極細しらたきを馴染ませます。そして秘伝の割り下と鶏ガラスープで鍋を満たし、野菜を投入。肉はまるで鍋に蓋をするように配置し、あまり火を通し過ぎずに卵にくぐらせ口の中へ。あ~米が恋しい。

画像1: すき焼きは脂でしょ!脂!! 「阿佐利 本店」@宝来町・函館

 もちろん肉はおかわり。
〆にご飯orうどんで悩むが、ここはご飯でおじやをおすすめしたい。脂でコーティングされた米は、甘くとんでもなく旨い。少し卵を溶き入れてもよし。

画像2: すき焼きは脂でしょ!脂!! 「阿佐利 本店」@宝来町・函館

そして忘れてならないのは、ここで人気のコロッケ。1日300個限定でつくるコロッケはなんと75円。ラードで揚げる薄い衣のコロッケは何個で食べられそう。午前中で毎度完売してしまうので予約することを忘れずに! お土産にもぜひ!

画像3: すき焼きは脂でしょ!脂!! 「阿佐利 本店」@宝来町・函館

北海道新幹線開通を目前に控え盛り上がる函館。
函館山の夜景に五稜郭、赤レンガ倉庫などの観光だけではなく、寿司に塩ラーメン、「ラッキーピエロ」の”チャイニーズチキンバーガー”。「ハセガワストア」で豚バラの(笑)、“やきとり弁当”を旅の締めくくりとして駅弁・空弁代わりにするのもあり。
新幹線が開通したらまた来ます!!

画像4: すき焼きは脂でしょ!脂!! 「阿佐利 本店」@宝来町・函館

「阿佐利 本店」
住所 北海道函館市宝来町10-11
電話 0138-23-0421
営業時間 11時~21時半
定休日 水曜日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.