実力派俳優と若き登山家
“山” が繫げた二人の縁

――顔を合わせるなり「お久しぶりです!!」ガッチリと握手を交わした岡田さんと栗城さん。

そして、ロケバスを降りて撮影場所に向かう間も、撮影中も……カメラマンが止めるのを躊躇してしまうほど、肩を並べて楽しげに言葉を交わし続けた二人。「何を話していたんですか?」と岡田さんにたずねると、返ってきたのは「最近はどこの山に登ったか、エヴェレストにはいつ挑戦するのか、一緒に雪山に登ろう……山の話ばかりですね(笑)」という言葉。

“実力派俳優” と “若き登山家”、異なるフィールドで活躍する二人が出会ったのは約8年前。岡田さんのラジオ番組にゲストとして栗城さんを招いたのが最初の出会いだったそう。

岡田:当時は今ほど山に登っていなくて。それだけに、山の魅力を聞きたくて栗城君に来ていただいたんですけど。まず、彼の口から飛び出したのが「僕、ドMなんです」っていう言葉で(笑)。

栗城:ははははは!! 確かに、言いましたね、そんなこと(笑)。

岡田:まあ、それくらい栗城君は過酷な山に登っているわけなんだけど。山の魅力や楽しみ方だったり、山に対する純粋な思いだったり……そこで栗城君から聞いた話が、僕の山への興味をさらに広げてくれたのは事実なんですよ。

 

NEXT≫「5200mより上に進む人っていうのは、やっぱり……ちょっとどこかおかしい(笑)」

This article is a sponsored article by
''.