くしゃみ連発、鼻がムズムズ……。気温の上昇とともに、今年も花粉症の季節がやってきた。今や国民病とも言える花粉症。かゆみから肌あれケアまでとっておきの秘策をピックアップ!

まるで肌のマスク! 
【dプログラムの美容液】

この季節は、肌を掻きむしったり、化粧水が染みたりと、トラブルが起こりがち。そんな敏感な肌を花粉などから保護してくれるんだそう。肌にすっとなじんで◎。化粧下地にもなり、UV効果もありと一石三鳥! 

画像: dプログラム アレルバリア エッセンス 40ml ¥3000(編集部調べ)/資生堂

dプログラム アレルバリア エッセンス 40ml ¥3000(編集部調べ)/資生堂

マスクの嫌なニオイをカット
【パーフェクトポーションのマスク専用ミスト】

マスクをしていると、呼吸も苦しいし、ニオイがこもってかなり不快ですよね。そんな時に、このスプレーをシュッ。ユーカリなどの爽やかな香りで気分までリフレッシュ。オーガニックなところも安心です。

画像: パーフェクトポーション ブリーズイージー マスクスプレー 23ml ¥1350/たかくら新産業

パーフェクトポーション ブリーズイージー マスクスプレー 23ml ¥1350/たかくら新産業

鼻のかみすぎでできた、小鼻の皮剥けをやさしくおさえる
【イプサの保湿スティック】

鼻のかみすぎで小鼻の皮が剥けてしまうので、外出先でもサッと保湿できる、イプサのスティックタイプの保湿美容液が手放せません。瞬時に肌になじむし、ファンデの上から塗ってもOK。メイク直しにも役立ちますよ。

画像: ザ・タイムR デイエッセンススティック ¥2900/イプサ

ザ・タイムR デイエッセンススティック ¥2900/イプサ

何はともかく花粉を寄せつけない! 
【IHADA アレルスクリーンジェル】

朝、鼻や目の周りに塗るだけで花粉をブロックしてくれるので、症状がかなり抑えられます。メイクが上から普通にできるのもいいところ。やっぱり、花粉は自分に寄せつけないことが何より大事と実感できます。

画像: イハダ アレルスクリーンジェル ユーカリの香り/ドラッグストアなどで購入可能

イハダ アレルスクリーンジェル ユーカリの香り/ドラッグストアなどで購入可能

体の中から対策!
【シンシアガーデンのお茶】

ドクダミの独特な風味とミントのすっきり感が絶妙で、とっても飲みやすいお茶。シナモン効果でカラダも温まり、ほんのり甘いバラの香りが花粉症のムズムズ感を忘れさせてくれます。花粉症仲間へのギフトにもオススメ。

画像: 五行茶 オリエンタルハーブティー 金 10包み入り ¥1200/ビーバイイー

五行茶 オリエンタルハーブティー 金 10包み入り ¥1200/ビーバイイー

花粉を99%シャットアウトするNO.1マスク
【ピッタ・マスク】

特殊な素材で肌にピッタリフィットするものの、呼吸はラクだし、メイクはつきにくいし、耳も痛くならならない。もうこのマスク以外考えられないという声多数。多少、値は張りますがそれ以上の価値あり。買い溜め続出!

画像: アラクス ピッタ・マスク/全国のドラッグストアなどで購入可能

アラクス ピッタ・マスク/全国のドラッグストアなどで購入可能

オーガニックで対策!
【ハーバル バーム】

こってりしたバームをちょっとずつ溶かしながら、小鼻の周りになじませると鼻がスッキリ! 日中のムズムズ感や鼻水がだいぶ軽減できて正直ビックリしました。肌もしっかり保湿されるのでカサつきも同時にケア。

画像: ハーバル バーム 30g ¥3500/ハーブファーマシー

ハーバル バーム 30g ¥3500/ハーブファーマシー

その名の通り、薬日本堂
【スッキリ飴】

ネーミングに惹かれて思わず購入した人多数。独特の苦みに最初は戸惑うものの、この苦みが“効いている感”を高めてくれる。そして、だんだんこの味わいがクセに。そして確実に、鼻づまりが改善されてきます。

画像: ドラッグストア、コンビニなどで購入可能

ドラッグストア、コンビニなどで購入可能

デザートでも花粉症対策♥︎ 
【コスメキッチン ジューサリーのスーパーフードスイーツ】

花粉症に効くといわれている、スーパーフード“ピーポーレン”がトッピングされているスーパーフードスイーツ グリーンボウル。グリーンベースのスムージーにブルーベリーやコジベリー入っていて、とっても美味しくおやつに最適。

画像: コスメキッチン ジューサリーで購入可能

コスメキッチン ジューサリーで購入可能

漢方から注射まで! 病院で治す【代官山パークサイドクリニックで本格的治療】

身体に優しく眠くならない漢方、即効性の高い点眼薬、副作用が少ない注射など、様々な花粉症治療を提案。代官山駅近くの好アクセス。夜遅い時間や日曜も診察が受けられるところも助かります。
http://www.parksideclinic.jp/

文・小熊政美



コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.