<前半>バジル入りスルメ海老ワンタン、懐かし肉圓仔スープはこちら

蒜苗臘肉皮蛋泡飯(ピータン入り台湾風お茶漬け)

日本のお茶漬けや韓国のクッパみたいに、
台湾もご飯に熱々のスープをかけて食べる風習がある。
ここは大胆に丸ごとのピータンとニンニクの芽と台湾ベーコンをいれるのが特徴。
病みつきになる絶妙なバランスがたまらない。

画像1: 蒜苗臘肉皮蛋泡飯(ピータン入り台湾風お茶漬け)

毎日何種類もの手作りデザートが用意されてるが、
あいにく取材した日は連日のパーティーケータリングの用意で
手が回らなかったよう……
そんな中特別に店長がサービスで出してくれたデザートが
グレープフルーツゼリーとトマトゼリー。
トマトゼリーには隠し味として台湾の甘い梅干しが入っていて抜群の相性!
是非一度試してほしい一品!

画像2: 蒜苗臘肉皮蛋泡飯(ピータン入り台湾風お茶漬け)

台湾料理の他にも、ハンバーガーやパスタ、リゾットなどの
洋食メニューもたくさん用意されていて、全部おいしいと評判!
好き嫌いをいえば自分好みのスペシャルパスタも作ってくれる
素敵な店だから、是非台湾へ来たときはお試しあれ!!

画像3: 蒜苗臘肉皮蛋泡飯(ピータン入り台湾風お茶漬け)

孤松傳奇
02-8771-0529
台北市大安區忠孝東路四段223巷53號
営業時間:15:00~22:00(日曜休み)
ランチ時の希望は前日までに電話にて予約すると可能。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.