タイトルどおり、2大超人気ヒーローが、まさかの直接対決になだれこむ…。その設定だけで、全世界のアクション映画ファンの期待はマックス! もちろん空前のバトルも見どころですが、じつは本作、意外なほど「女子キャラ」がドラマを動かしているのです。

 まずスーパーマン=クラーク・ケントの恋人で新聞社の同僚、ロイス・レイン。過酷な土地へも単独で取材に向かう彼女の「ジャーナリスト魂」が描かれるうえ、両ヒーローが戦う場では予想外の重要な役割を果たします。そしてクラークと、バットマン=ブルース・ウェイン、それぞれの「母親」への思いが、物語のキーポイントに。さらに日本人キャストのTAO(岡本多緒)が、出演シーンは多くないものの、ミステリアスなムードを醸し出し、錚々たる共演者に負けないオーラを振りまいています。

 そして、バットマン、スーパーマンにも劣らぬ戦いっぷりを見せるのが、ワンダーウーマン! マジカルレベルのパワーはもちろんですが、演じるガル・ガドットは、2015年、「世界で最も美しい顔」の第2位に選ばれたので、素顔のシーンのセクシーさに、男性も女性も思わずウットリすることでしょう。

3月25日(金)より3D/2D/IMAX公開中
『バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生』

画像: (c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENTINC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENTINC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.