あらかじめ前置きすると、これは誰にでもオススメできる映画ではありません。しかも、デート映画としては、危険なチョイスになる可能性も……。

 それでも本作が観る人の欲望を刺激するのは、タイトルにあるとおり、3D映像で大胆なラブシーン=セックスシーンを、これでもか、これでもかとつぎ込んでいるから。3Dで「あるもの」が立体的に(?)放たれる衝撃(笑撃?)シーンもあったりしますが、基本は、主人公たちの愛の世界に取り込まれる感覚を味わえます。「本番」にしか見えない過激なプレーの数々も、映像の色合いや構図がやたらオシャレなので、アートフィルム感覚で観てもいいかも。

 物語は、映像作家を目指す主人公のモラトリアムな日常で、やたらと教訓めいたセリフも出てきたりして、人生についてあれこれ考えさせられる一面もあります。精神的な愛をテーマにした映画が多いなか、ここまで肉体的な愛と人生の関係を突き詰めた監督の姿勢はアッパレと言えるでしょう。

4月1日(金)より、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー中!
『LOVE 【3D】』

画像: © 2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .

© 2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.