おせっかい&身内の自慢ばかりで煙たがられている73歳のおばあちゃんが、ある日突然、毒舌キャラの中身はそのままで20歳の姿に若返ったら!? という大胆なアイデアから出発するコメディ『あやしい彼女』。オリジナルの韓国映画『怪しい彼女』では主人公と息子の関係が描かれていましたが、日本版ではひとり娘へと設定が変更されています。本当はお互いを思いやっているのに素直になれない母と娘のやりとりに、思わず共感してしまう人も多いのではないでしょうか。

 二度目の青春を謳歌してやる! と歌って踊って恋をして、オードリー・ヘップバーンのような衣裳に身を包んでヒロインを演じる、多部未華子のキュートなコメディエンヌぶりが尋常ではありません! そして『キレイ-神様と待ち合わせした女-』でも聞かせていた、心の奥にすーっと届く澄み切った歌声の何という素晴らしさ。若い頃の苦労を回想しながら『悲しくてやりきれない』を歌うシーンでは、これはいくらなんでも反則すぎる…!と思いながらも、泣かずにはいられませんでした。

 幸せになるために大切なのは、自分が持っていないものを求めるのではなく、持っているものを愛すること。そのことに気が付けば、ベスパに乗った私だけの王子様にだって会えるかも? ラストには、そんな楽しい気持ちも運んできてくれるコメディです。

2016年4月1日(金)より全国公開
『あやしい彼女』

画像: ©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.