琵琶湖をぐるっと回って新幹線米原駅から30分、滋賀県の最北端に別名“鏡湖”と呼ばれ、一周約6kmの余呉湖のほとりに「徳山鮓」はあります。鮒ずしで全国的に有名なここに、今回は熊鍋を食べにきました。

画像1: 熊の脂は まるで白身の肉!「徳山鮓」@余呉・滋賀

脂が厚くのった真っ白なツキノワグマの脂はまるで白身の肉! これを鍋に入れてしゃぶしゃぶしてして食べると口の中で甘く官能的に溶けていきます、そしてその汁でつくる熊雑炊には悶絶!!

画像2: 熊の脂は まるで白身の肉!「徳山鮓」@余呉・滋賀

他にも旨いものがいっぱい! 余呉湖のジャストサイズなワカサギは口の中に放り込みとまるで蒸発するかのように軽やかに口の中で無くなります。

画像3: 熊の脂は まるで白身の肉!「徳山鮓」@余呉・滋賀

そしてここの代名詞 古代鮒鮓は、最初にこれを食べれば皆さんきっと好きになるに違いないと思うぐらい味も香りまでも上品で綺麗。あの発酵学の第一人者小泉武夫先生が“食の世界遺産”だとコメントしているのも頷けます。

画像4: 熊の脂は まるで白身の肉!「徳山鮓」@余呉・滋賀

最近京都の宿泊が高騰していますね。某ビジネスホテルは週末3万円とか4万円とかになるとか。だったら少し足を延ばし滋賀まで遠征もありだと思います。「徳山鮓」はなんと2食ついて飲んで泊まっても約3万円弱。こうゆう選択も賢いのでは!?  春は山菜、初夏は鮎、夏は鰻、秋は茸とすべてこの辺りで取れる素材で料理、どの季節にきても楽しむことができますよ。

そういえば隣町の木之本「つるやパン」では“サラダパン”という、コッペパンの中に沢庵とマヨネーズがはさまれた、地元で絶大な人気をほこる名物パンなんかもあります、話題づくりのお土産にでも! 
またシーズン変えてもちろんまた来ます!!

画像5: 熊の脂は まるで白身の肉!「徳山鮓」@余呉・滋賀

「徳山鮓」
住所 滋賀県長浜市余呉町川並1408
電話 0749-86-4045
営業時間 12時~14時半/18時~21時
*宿泊も可能
定休日 不定休

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.