イスラム教の国ではあるけれど、観光客がお酒を飲むのは問題なし! 南国らしいカラフルなカクテルをオーダーし、高層階からクアラルンプールの絶景を目に焼き付けて。

※マレーシアの国番号は60です。
※ハリラヤ・プアサは断食月明けの、ハリラヤ・ハジはイスラム暦12月の、イスラム教徒の祝祭です。

教えてくれたのは・・・

画像: 教えてくれたのは・・・

柳澤順子 Junko Yanagisawa
学生時代、バックパッカーとして東南アジアを旅した後、マレーシアを再訪。中国系マレーシア人である現在のご主人と出会い、結婚。クアラルンプール在住歴12年。現地の日本人向け月刊フリーペーパー「senyum[セニョ~ム]」の立ち上げに参加し、記者としても活躍。

料理、建築、舞踏でマレー文化三昧

☆ソンケット
Songket

地方で見られるマレーシアの家をイメージした店内でいただけるのは、クラシカルなマレー料理。夜は民族舞踏も見られる。マレー料理店でアルコールを出す珍しい店ではあるが、イスラム教徒でも飲めるアルコールフリーの〝モクテル〞にもチャレンジしてみたい。

画像: 店名のソンケットは、金や銀の糸を織り込んだマレーの高級織物の意。店ではテーブルライナーに使っている。

店名のソンケットは、金や銀の糸を織り込んだマレーの高級織物の意。店ではテーブルライナーに使っている。

住)No.29, Jalan Yap Kwan Seng
℡)03-2161-3331
営)12:00~ 15:30、18:00~23:00、土・日・祝17:00~23:00
休)ハリラヤ・プアサ
http://www.songketrestaurant.com/

夜の始まりは、360度見渡す限りの絶景とともに

☆ヘリ・ラウンジ・バー
Heli Lounge Bar

大音量でエレクトロミュージックがかかるダンスフロアを抜け、しばし階段をのぼり屋上へ。そこは、視界を遮るフェンスなど何もないヘリポート空間! 想像以上の景色に歓声を上げずにはいられない。女性シェフが母親から受け継いだレシピで作る料理も絶品。

画像: サンセットが見られる19時ごろが狙い目。下のフロアでドリンクの支払いを済ませてから上へ。

サンセットが見られる19時ごろが狙い目。下のフロアでドリンクの支払いを済ませてから上へ。

住)34th floor, Menara KH, Jalan Sultan Ismail
℡)03-2110-5034 
営)18:00~ 24:00、木~翌1:30、金・土16:00~翌3:00
休)日 
21時以降はドレスコード有(スマートカジュアル)

マレーシアNo.1の高さを誇る大人空間

☆マリーニズ・オン・フィフティー・セブン
MARINI’S on 57

専用エレベーターで一気に57階へ。席は、窓際かテラスをキープしたい。床から天井までガラス張りで、そびえるペトロナス・ツインタワーが迫ってくるよう。バーはDJブースのあるヒップなスポット、併設のイタリアンレストランやラウンジはしっとりと、好対照。

画像: ツインタワーのモザイク画のような煌めきにしばし言葉を失う。

ツインタワーのモザイク画のような煌めきにしばし言葉を失う。

住)Level 57, Menara 3 Petronas, Persiaran KLCC
℡)03-2161-2880 
営)17:00~翌2:00、テラス16:00~24:00(レストランやラウンジは異なる) 
休)日(ラウンジのみ)
ドレスコードはスマートカジュアル
http://www.marinis57.com/

ツインタワーの見られる高層バー人気の火付け役

☆スカイバー
SkyBar

クアラルンプールに夜景美を謳うバーは数あれど、先陣を切ってオープンしたココの知名度は群を抜く高さ。バーのシンボルは、空間の真ん中に広がるプール。ピンクや青の原色のライティングが水に反射して揺らめく幻想的な光景が、粋な夜を予感させる。

画像: 窓際にはボックスシート。2階にはテーブル席や個室も。ドレスコードは厳しくなくビーチサンダルもOK。

窓際にはボックスシート。2階にはテーブル席や個室も。ドレスコードは厳しくなくビーチサンダルもOK。

住)Traders Hotel33F Federal Territory of Kuala Lumpur 
℡)03-2332-9888
営)11:00~翌1:00、金・土・祝前日~翌3:00 
休)無 
http://www.shangri-la.com/jp/traders/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.