洗練された私服スタイルが話題の2人をSNAP。街に溢れる服や靴、アクセサリーの中から、2人が自らのワードローブにPICK upしたものとは――? 次なるトレンドのヒントは、とびきりおしゃれなTOKYO MODELSの私服から。

★印がついてるものは本人私物です

矢野未希子
「 シンプル、スタンダードはやり尽くした感があるので、最近の気分はそこから少し進化した服、デザインやシルエットが少し凝っていたりするような服が好きです。一番変わったなと感る点は、モノトーンがちだった私のワードローブに、次々と鮮やかな色の服たちが加わったこと。今までは小物でしか、色を取り入れられなかったのですが、近頃は、服でピンクや赤を着るようになりました。袖を通す時ドキドキするけど、案外自分が思ってるより大丈夫なんだなと(笑)。潔く色を着ることが、新鮮でこんなにも楽しいなんて思いませんでした」


PROFILE: 彼女の選ぶキャッチーな服や小物は、どれもFRaUの読者の心に突き刺さるアイテムばかり。私服スタイルもお手本となるモデルとして、数々の雑誌で活躍中。

01_ FUMIKA_UCHIDA / LONG VEST & ALL-IN-ONE

「 ロングベスト、赤のオールインワンは共にFUMIKA_UCHIDA。こんなに鮮やかな色を着るようになったのは、本当にここ最近。派手な色ですが、テンション高く着るのではなく、品良く着こなしたい。勇気がなくて着られなかった色も、自分が思っている以上に、人からは褒めてもらえたりするものなんですね(笑)。トレンチタイプのロングベストをレイヤードすると、赤のオールインワンを落ち着かせてくれます」

画像: 01_ FUMIKA_UCHIDA / LONG VEST & ALL-IN-ONE

02_ DRIES VAN NOTEN / GILET

「 真っ黒にピンクを足すのって、なんだか可愛いなと思って。黒×ピンクのコーディネートにしてみました。今季、特にピンクが気になっていて、メインとなるアイテムでどんどん着てみたい。初めてこのチュールのジレを着た時は、正直ドキドキしました。派手すぎないかな? って。でも、色使い、動きの出る素材、繊細な刺繡に心底惚れてしまったので、後戻りはできなかったのです(笑)。ネイビーにピンクの刺繡が入っている色違いもあって、素敵すぎてどちらか選べず2色買いしてしまいました。オールインワンはFRAY I.D。ロングベストを着ているような、ちょっと変わったデザインなんです。シンプルだけど、こういう一癖あるものが気になりますね」

画像: 02_ DRIES VAN NOTEN / GILET

03_ HERMÈS, TOMWOOD, GUCCI / RINGS

「Hモチーフはエルメス、ストーンリングはTOMWOOD、ハトのリングはGUCCI」

画像: 03_ HERMÈS, TOMWOOD, GUCCI / RINGS

04_ ayame / GLASSES

「ayameの眼鏡。クリアレンズって実は初めて買いました」 

画像: 04_ ayame / GLASSES

05_ GUCCI / BAG

「テラコッタカラーのスエードのバッグはGUCCI。レトロな雰囲気が気に入っています」

画像: 05_ GUCCI / BAG

06_ GUCCI, adidas, H&M / SLIPPERS

「気付いたら同じようなデザインのものを買っていることが多いんですが、今季はスリッパシューズ。ペタンコでコーディネートのハズしになるので、かなり活躍しています」

画像: 06_ GUCCI, adidas, H&M / SLIPPERS

07_ GUCCI / RINGS

「狙っていたGUCCIのリングたちをまとめ買い。コスチュームジュエリーだから、手が出しやすいお値段なんです」

画像: 07_ GUCCI / RINGS

08_ Pelleq / TOPS

「 一癖あるアイテムで組み合わせたベージュのワントーンコーデ。ポンチョのような変形ロングトップスはpelleqというブランドのもの。アシンメトリーの裾が可愛くて一目惚れしました。超ワイドシルエットのパンツはDRIESVAN NOTEN。このくらい大胆に広がっているものが大好きで、最近買うボトムは、かなりの確率でこういうワイド。仕上げにスリッパシューズで、リラックス感を出しました。この靴、本当に便利!」

画像: 08_ Pelleq / TOPS
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.