服のトレンドが変わるたびに髪型を変える。
昔はそれが当たり前だと思ってた。流行のテイストに合う、流行ヘアを手に入れることこそ、おしゃれなんだって。でも30歳を過ぎて、「好きなもの>流行」に比重が変わり、その思いにも変化が現れた。欲しいのは流行の髪じゃない。欲しいのは、シンプルな服さえもおしゃれに見せて、〝私〞というスタイルを完成させてくれる髪だ!……と。そう気づいた今こそ、〝服が似合うヘア〞の始めどき。ひとクセ効いた髪で、自分らしいおしゃれを手に入れて。

矢野未希子さんのバウンドボブ

まずお手本にしたいのが、矢野未希子さんのボブ。レイヤーとパーマで毛先が弾むボブは、幅広いテイストにフィットする、まさに服が似合う髪!

スタイリング次第で印象が変わるのも魅力

☆余計な甘さを削ぎ落とすあえてのバサッと感
パサッとマットなボリューム感が、ストリート寄りのやや尖ったカジュアルさを引き出してくれるフラッフィーヘア。セットローションをつけてから髪を細かく分けてねじっておだんご状にし、乾かしてほぐせば完成。

画像1: スタイリング次第で印象が変わるのも魅力

☆女らしさとかっこよさが同居する質感MIX
根元はグリースでウェット感を出し、毛先は何もつけずドライに仕上げて、異なる質感をMIX。ウェット感が女らしさを、ドライ感がかっこいいヌケを演出してくれる、一度に2つの女性像が楽しめるお得なスタイリング。

画像2: スタイリング次第で印象が変わるのも魅力

ABOUT Mikko's HAIR

CUT
たっぷりレイヤーでシンプル服に合うヌケのある髪
「最近、私服がどんどんシンプルになってきて、パツンとした髪だと何か違うな~と。それでレイヤーを入れました。髪に動きがあるだけで、私服だけじゃなく、仕事で着るコンサバ服もヌケのある見え方に」 担当/BEAUTRIUM 七里ガ浜 川畑タケルさん

COLOR
赤みを抑えたアッシュをローライトで立体的に
「赤みが出やすいから、アッシュで赤みを抑えるのがこだわり。以前は単色で染めていたんですが、ダークトーンだと少し重く見えてしまうので、今はローライトを入れて立体的に見えるようにしています」 担当/ABBEY 草薙慶典さん

PERM
エアーウェーブパーマで直毛にニュアンスをプラス
「もともとすごく直毛でペタンとなりやすい髪質なので、ニュアンスが欲しくてエアーウェーブパーマをかけました。髪がふわっと柔らかな質感になったし、何もしなくてもニュアンスが出て本当に便利です」 担当/roraima 服部鮎さん

頭を小さく見せるショートヘア

バランスはおしゃれのキモ。つまり、ショートで頭を小さくすれば、全身のバランスが向上=おしゃれに見えるということ。前髪長め×衿足タイトが狙い目です。

☆パーマが効いたラフなかき上げで洗練度をUP
クールなかき上げショートが、モードに転びすぎずこなれて見えるのは、ラフなパーマのおかげ。やや前下がりのマッシュショートに、毛先1回転半の平巻きパーマをかけてクセ毛のような動きを加えれば、かき上げた時にラフな表情が際立ち、がんばって見えないおしゃれ感が誕生。
担当/ LAND 松下麻衣子さん(☎03-6433-5826)

画像1: 頭を小さく見せるショートヘア

☆プツッとしたラインに微かな動きでヌケを注入
ショート初心者でもトライしやすい、前髪~サイドにフェイスラインにかぶるくらい長さを残したショートボブ。衿足ギリギリにラインをとってカットし、表面にのみ少しだけレイヤーを入れて、重さを残しつつ動きを引き出す。最後に8:2に分けて片方を耳にかければ、すっきり見えてより小頭に。
担当/CHAUSSE-PIED EN LAITON 安齋由美さん(☎03-6452-5295)

画像2: 頭を小さく見せるショートヘア

☆潔いカット×うねりでシックかつフェミニンに
ショートヘアがボーイッシュにならず、シックかつフェミニンに見える秘密は、潔く切り込んだ衿足~サイドと重めのフロントとのコントラストにあり。加えて、毛先ワンカールのパーマで全体にゆるいうねりをつけることで、丸みと動きが際立ち、大人っぽい雰囲気もさらに上昇。
担当/Rougy 薫森正義さん(☎03-6804-6082)

画像3: 頭を小さく見せるショートヘア

個性を主張できるインナーカラー

今年のヘアトレンドのひとつ、インナーカラーは、服が似合う髪としても要注目。攻め色を忍ばせて、こっそり〝人と違うおしゃれ〞を楽しんで。

インナーハイライト

パッと見は、普通のダークカラーだけど、実は内側にだけ部分的に明るい色が入っていて、動いたり耳にかけたりした時に〝人と違う〞をアピールできるインナーハイライト。ハイライトの色みを変えて、流行や季節感を取り入れるのもGOOD。

☆華やかな遊びが足せるオレンジのハイライト
さりげないハイライトにオレンジの色みで遊びをプラスした、上級インナーハイライト。ベースは7トーンのナチュラルブラウン、耳下の髪だけ筋状にブリーチしてからオレンジを。全体的に髪を巻いて重なり合うようなカールをつければ、オレンジがチラチラ見えてトレンド感がUP。
担当/bloc 百冨友香理さん(☎03-5784-3227)

画像: インナーハイライト
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.