もちろん、肉派の期待にもしっかり応えるのがタイ料理。体に優しい鶏肉を、甘味と酸味が溶け合うスープやガッパオを食べやすくアレンジしたバジル炒めで存分に。

教えてくれたのは・・・

画像: 教えてくれたのは・・・

青山有紀さん
Yuki Aoyama
京おばんざい屋「青家」のオーナーシェフ。2010年には京甘味処とお持たせの店「青家のとなり」をオープン。国際中医薬膳師資格取得。食と旅と猫をこよなく愛する京美人。

鶏肉とバジルの炒めもの

画像: 鶏肉とバジルの炒めもの

材料(2人分)
・鶏むね肉…100g
(下味/酒、ナンプラー…各小さじ1/2)
・いんげん…100g
・エリンギ…1本
・にんにく…1/2片(みじん切り)
・生姜…10g(みじん切り)
・バジル…1/2パック
・ごま油…大さじ1
・青唐辛子…1本
・ライム…あれば好みで
A ナンプラー…小さじ1と1/2
Aキビ砂糖…小さじ1
A酒…小さじ1
Aオイスターソース…小さじ1/2

【作り方】
1.鶏肉は細長く切り、下味を絡めて冷蔵庫で10分ほど置く。
2. いんげんは固めに塩ゆでし、斜めに切る。エリンギも細長く切る。青唐辛子は小口切りに。にんにく、生姜はみじん切りにする。
3. フライパンにごま油、にんにく、生姜を入れて火にかけ、いい香りがしてきたら鶏肉とエリンギを入れて炒める。肉に火が通ったらいんげんを加えて炒め、温まったら青唐辛子とよく混ぜたAを加えてなじませるように炒める。火を止めて、ちぎったバジルを加えて混ぜる。
4. 好みでライムを絞っていただく。

鶏肉のココナッツスープ

画像: 鶏肉のココナッツスープ

材料(2人分)
・鶏もも肉…100g
・紫玉ねぎ(または新玉ねぎ)…1/4個
・エリンギ…1本
・ミニトマト…6個
・にんにく…1/2片
・生姜スライス…2枚、
・こぶみかんの葉(バイマックルー)…1枚
・レモングラス…4枚
・ココナッツミルク…1缶(200㏄)
・ナンプラー…小さじ2~(味見して好みで足す)
・ライム…1/2個
・パクチー…適量

【作り方】
1.鶏肉は食べやすく切り、玉ねぎ、エリンギは1.5センチ角に切る。にんにくはつぶしておく。
2. 鍋にココナッツミルクと水100㏄、にんにく、生姜、鶏肉、こぶみかんの葉、レモングラスを入れて火にかけ、煮立ったら玉ねぎ、エリンギを入れ、さらに一煮立ちさせる。
3. 鶏肉に火が通ったらナンプラーを入れ、味見をして好みでナンプラーを足し、最後にトマトを入れて温める。パクチーを添え、ライムを搾っていただく。
★にんにく、生姜、レモングラス、こぶみかんの葉は、器に盛る前に取り出すのがベター。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.