キノコ好きにはたまらない究極のシンプルサラダ。

教えてくれたのは・・・

デジタルコミュニケーションコンサルタント
市川 渚さん
NAGISA ICHIKAWA
ラグジュアリーブランドのPR等を経て、2013年ファッションとテクノロジー2つの分野を繋ぐデジタルコミュニケーションコンサルタントとして独立。他にも、ウェブメディア「DiFa(ディーファ)」立ち上げ、コラム執筆、セミナーや大学で講師を務めるなど、活躍は多岐に渡る。

「マッシュルームとパルミジャーノのサラダ」

画像: 「マッシュルームとパルミジャーノのサラダ」

週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、あるお店の方からマッシュルームが生で食べられることを教わり、最初は半信半疑で葉物と一緒にサラダにして食べていました。そのうち、キノコ好きな私はマッシュルームだけでいいんじゃないかと思い誕生したのがこの一品です(笑)。

作り方

最初に、マッシュルームのイシヅキをとり、2~3ミリの薄めにスライス。
お皿に並べ、パルミジャーノ・レッジャーノのブロックをスライサーにかけてたっぷり散らします。ブラックペッパーを粗挽きに挽いて振り、オリーブオイルをひとたらしして出来上がり。

ちなみに、最近お気に入りのオリーブオイルはホテルのレストランで使われていて美味しかった「アルドイノエキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス」。「マッシュルームのサラダ」は火や調理器具を使わない上に、遅い帰宅の後でもヘルシーなのでオススメ。ワインなど一人飲みのお供に最適です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.