ブレイク・ライヴリーといえば、女優としてはもちろん、ファッションアイコンとしても人気。間もなく第2子が生まれるなど、私生活も安泰で、夫のライアン・レイノルズは今年、『デッドプール』が大当たり。彼の強運に後押しされるかのように、ブレイクの最新主演作が公開されます。

画像1: “美人女優”のイメージをかなぐり捨てたブレイク・ライヴリーの過激な挑戦『ロスト・バケーション』

亡き母との思い出がある秘密のビーチを訪れたヒロイン。静かな入江でサーフィンを楽しんでいた彼女に、人食いザメが襲いかかります。助けも呼べない状況で、海上の小さな岩に取り残されるサバイバルは、緊迫感→ひと安心→さらにピンチ、という流れが繰り返され、テンションが途切れません。

しかし本作で最大の見どころは、ブレイクの体を張った熱演です。サーフィンのシーンでの美しい肉体の動きから一転し、サメとの闘いでは髪も素肌もボロボロ状態。血まみれになって海を全力で泳ぐなど、演技者として「何でもやる」という覚悟が伝わってきます。これまで「美人女優」と外見が注目されがちだった彼女は、間違いなく本作で一皮むけたと言っていいでしょう。

7月23日(土)全国ロードショー
『ロスト・バケーション』

画像2: “美人女優”のイメージをかなぐり捨てたブレイク・ライヴリーの過激な挑戦『ロスト・バケーション』
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.