富田酒造場(トミタシュゾウジョウ)

黒糖焼酎の代表銘柄「龍宮」のふるさと

1951年創業以来、昔ながらの甕(かめ)仕込みで黒糖焼酎を醸造する酒蔵。代表銘柄の「龍宮」や「らんかん」などは雨の少ない沖縄産の黒糖を、「まーらん舟」は雨の多い徳之島の黒糖を使う。蔵付き酵母が潜む32個の大甕が並ぶ様は圧巻!

画像1: 富田酒造場(トミタシュゾウジョウ)

甕仕込み製法の黒糖焼酎は、天候、土壌、水の違いのほか、潜んでいる酵母に差があるため甕ごとに味が異なる。

画像2: 富田酒造場(トミタシュゾウジョウ)

原料となる黒糖の塊。奄美の徳之島の黒糖を使うと、とろっと上品な甘さが漂うお酒に。

画像3: 富田酒造場(トミタシュゾウジョウ)

冷水さんのお気に入りは甘味とうまみが魅力の「無濾過原酒まーらん舟」。

画像4: 富田酒造場(トミタシュゾウジョウ)

● 鹿児島県奄美市名瀬入舟町 7-8 ☎ 0997-52-0043 
営業時間:見学は14:00~18:00 (休)日(見学予約すればオープン)
富田酒造場

 

冷水希三子さん
1974年生まれ、料理家・フードコーディネーター。現在は鎌倉に住み料理と向き合う日々。著書に『ONE PLATE OF SEASON 四季の皿』『ハーブとサラダ』(ともにアノニマ・スタジオ)、『スープとパン』(グラフィック社)など。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.