~VIDO流 パーツ痩せメソッド~

デスクワークなどによって、お尻の筋肉が硬くなってしまうと、冷えを併発し、老廃物も蓄積される。まずはストレッチで巡りを改善してからのトレーニングが有効!

ウォーミングアップストレッチ(左右各10回)

お尻の下部分の筋肉や、腰背部を伸ばすストレッチ。ひじを引いてお尻と背中を引き寄せてから伸ばすというプロセスでストレッチ効果がさらに高まる。

01. ひじを引いて、お尻と背中を寄せる
右脚を前に出してひざを曲げ、反対の左脚は伸ばす。右ひじは前につき、左ひじを後ろへ引く。お尻の右側と背中の左側を寄せる。

02. 手を最大限に遠くへ伸ばす
左手を前に伸ばすことで、01で近づけた右のお尻と左の背中を最大限に引き離してストレッチ。そのまま3秒キープ。

 

ひざ上げ下げ(左右各10回)

ひざは、上げられるところまで引き上げるのがポイント。ひざとお尻の筋肉は連動性があるため、軸足のひざをしっかり締めることで、ヒップアップ効果が高まる!

01. 腰に手を当ててまっすぐ立つ
脚は揃えた状態で、腰に手を当ててまっすぐ立つ。お腹とお尻に力を入れて、猫背にならないように意識して。

02. ひざを引き上げ3秒キープ
右ひざを曲げて、上げられるだけひざを引き上げ、息を吐きながら3秒キープ。軸となるひざがゆるまないように注意して。

<NGポイント>
ひざを引き上げたときに、ひざが曲がってしまうのはNG。ゆるんだひざは、ゆるんだお尻を作るもと!

画像: ひざ上げ下げ(左右各10回)

教えてくれたのは…

画像: 教えてくれたのは…

VIDO フィジカルトレーナー
山坂元一さん
VIDO主宰。ストレングス&コンディショニングトレーナー。多くのトップアスリートやプロスポーツ選手、俳優やモデルなどの専属指導を行う。

通いたくても通えない! 住所・電話番号非公開の会員制パーソナルトレーニングジム。紹介でしか新規顧客は取っておらず、トップアスリートや芸能人が多く通い、VIDOに入会すれば、美しく痩せられると話題。今回は特別にその技を披露。詳細はFacebookをチェック。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.