~VIDO流 パーツ痩せメソッド~

カギとなるのが肩甲骨のポジショニング。ここを引き寄せることで、二の腕にきちんと負荷がかかる。猫背のままトレーニングしてしまうと、二の腕の重力が下がってしまうのでNG。

二の腕(1セット10回)

01. 両手を肩幅について、上体を少し起こす
うつぶせになり、肩の真下にひじがくるよう、上体を少しだけ起こす。このとき、きちんと背中の肩甲骨を寄せることを意識して。

02. 真下に負荷をかけながら、上半身を上げる
そのまま手を真下に押して、息を吐きながらさらに上半身を上げていく。肩甲骨を寄せ、必ず離れないようにするのがポイント。

<NGポイント>
下ではなく、前に押してしまうことで、肩甲骨が離れてしまう。これでは二の腕には効かない。

画像: 二の腕(1セット10回)

教えてくれたのは…

画像: 教えてくれたのは…

VIDO フィジカルトレーナー
山坂元一さん
VIDO主宰。ストレングス&コンディショニングトレーナー。多くのトップアスリートやプロスポーツ選手、俳優やモデルなどの専属指導を行う。

通いたくても通えない! 住所・電話番号非公開の会員制パーソナルトレーニングジム。紹介でしか新規顧客は取っておらず、トップアスリートや芸能人が多く通い、VIDOに入会すれば、美しく痩せられると話題。今回は特別にその技を披露。詳細はFacebookをチェック。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.